【倉木麻衣×BARKS連載対談】第三回(2001年~2002年)「十代の頃の私はませた歌詞を書いていたなと思うんです。早く大人になりたいと」

ツイート

■自分に対してもみんなに対しても
■応援ソングを書き続けたいなという思いはありますね

▲2002年レコーディング時
▲2002年レコーディング時
倉木:そこが、やっていて一番気をつけるところなんですけど。私は常にポジティブな詞を書くようにしているんですけど、その曲によって前向きな思いに変わっていくことがあると思うんですよ。小さい時から、曲によってすごくハッピーな気持ちになって、“音楽っていいな”とすごく思ったので、みんなにもそれを感じてもらいたい気持ちがあるので。あんまりネガティブな歌詞とか、この結末はどうなっちゃうの?みたいな歌詞は書いてないと思います。

烏丸:ふーむ、なるほど。

倉木:それで“自分自身がポジティブでいないといけないんだ”って、葛藤した時期もありました。基本はネガティブな性格なんですけど……。

烏丸:そこがね、何度も言うけど、しっくり来ないんですよ。言ったもん勝ちだと思ってません(笑)?

倉木:いや、本当にそうなんですよ!

烏丸:基本、ネアカなんじゃないかなと思うんですけどね。

倉木:いや、たぶん十代、二十代の私に会って話をしたら、きっとそうは思わなかったはずです(笑)。

烏丸:それは、成長してきたということですか?

倉木:変わりましたね、やっぱり。自分の中で自信がついて、強くなってきたというのはあるかもしれないです。それはみんなに育ててもらって、みんなとつながっていられるんだという実感、受け入れてもらえてるんだという思いが、歌手としての源になっているというか。昔はすぐに泣いたりしてましたし、けっこうネガティブだったんですよ。

西室:そうかなぁ?

烏丸:ほらほら(笑)。

倉木:えー、そうですよ! 家に帰っても、よく泣いてました。“どうしてできないんだろう”って。

西室:芯が強いと思うんですよ、ネガティブというよりは。だから、そういうことなのかなと。

烏丸:いろいろ大変なことがあって、ぶつかって、それに対する思いをたくさん自分の中に重ねてきたから、それを総称してネガティブとおっしゃってるんでしょうけど。ネガティブだったら明るい曲は書けないですよ。本当にネガティブな人だったら、“この思いをどうにかして形にしたい”と思って、先行き暗い歌詞を書くと思うんだけど、違う?

倉木:うーん、そうですよね……。

烏丸:だって暗い歌詞は、書いてこなかったわけでしょう。

倉木:はい。とにかく自分を奮い立たせる歌詞を書いてました。いろんな意味での応援ソングを。

烏丸:それは基本ポジティブな人がやることです。

倉木:じゃあ、ネガティブじゃないのかな、私(笑)。

西室:意外と前向き、みたいな(笑)。

烏丸:そう、“前向き”という言葉が合ってるかもしれない。

倉木:今、気づきました(笑)。

烏丸:ネガティブと思うような要素って、人間誰しもが持ってますよ。だけどそれを……。

倉木:それをポジティブな方向に持っていくのが、歌なんでしょうね。私にとって歌があるから、その思いをポジティブに変えてもらえている、というのはあるかもしれない。歌がなかったら、ネガティブなままなのかもしれないです。ネガティブな時って、自分を見失っているから、自分を奮い立たせるものを発見できなかったりするじゃないですか。それを発見できるためのものを知っておくことは、すごく大事だなと思うんですけど、それは私にとって歌なんだと思います。だからやっていけてるのかな?って。

烏丸:そうだと思います。

倉木:みなさんはどうやって、ネガティブから立ち直っているんですかね?

烏丸:人それぞれだと思いますけど、一番タチが悪いのは、ネガティブな状態になっている自分に気づかないこと。精神的に病んでいってる自分に気づかずに、本来は10できるはずのことが8しかできなくて、10頑張ってるのになんで8しかできないんだろう?って、負のスパイラルに入っちゃう。そういう要素は、今の社会ではみんな持ってると思います。

倉木:ああ、そうですね。

烏丸:そこで何を糧にして頑張っていけるかは、十人十色だと思います。その手段を見つけられていない人もいるだろうし。

倉木:人それぞれだけれども、それを見い出せない人が音楽を聴いてモチベーション上げてもらえる、そういうことを増やしていきたいという気持ちはすごくあります。私の曲を聴いてくれるファンの方が、私の曲を通してモチベーションを高めてくれてるんだなと感じると、自分のあり方も見えてきますよね。そういう思いで、自分に対してもみんなに対しても、応援ソングを書き続けたいなという思いはありますね。やっぱり。

烏丸:お話をうかがっていると、その筋が一本通っていて、そこが基本にあると思うので。だからこそ、お客さんがついてきてくれるんだろうし。基本そういう人なんだなということが、なんとなくわかった気がします。

倉木:そうですか(笑)。

烏丸:だってそもそも、虫捕り少女でしょう?

倉木:はい(笑)。ザリガニをつかまえてみたり(笑)。

烏丸:そういう人ですからね。さっき、歌詞を書く時の葛藤の話が出ましたけど、その時は葛藤しても、意外とすぐに忘れられる人なんじゃないかな。そうじゃないと、ずっと応援ソングを書き続けることはできないと思う。

倉木:ああ~、そうかもしれない。分析されちゃいましたね(笑)。

烏丸:意外と、能天気な人じゃないですか。

倉木:あはは(笑)。でもそれは良いことですよね。

烏丸:良いことです! 褒め言葉ですよ。

文◎宮本英夫

  ◆  ◆  ◆

次回の連載対談は、倉木麻衣の2003年~2004年をお届けします。


■<15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST “一期一会” ~FUN FUN FUN☆彡~>
6月21日(土) 愛知・Zepp Nagoya
開場 / 開演 17:30 / 18:30
[問]キョードー東海 052-972-7466
6月28日(土) 大阪・堂島リバーフォーラム
開場 / 開演 17:30 / 18:30
[問]サウンドクリエーター 06-6357-4400
6月29日(日) 東京・新木場STUDIO COAST
開場 / 開演 17:00 / 18:00
[問]H.I.P. 03-3475-9999
7月5日(土) 香川・高松オリーブホール
開場 / 開演 17:30 / 18:30
[問]DUKE高松 087-822-2520
7月13日(日) 福岡・DRUM LOGOS
開場 / 開演 17:00 / 18:00
[問]キョードー西日本 092-714-0159
7月21日(祝・月) 広島・BLUE LIVE 広島
開場 / 開演 17:00 / 18:00
[問]キャンディープロモーション 082-249-8334
7月26日(土) 札幌・ペニーレーン24
開場 / 開演 17:30 / 18:30
[問]ミュージックファン 011-208-7000
8月10日(日) 福島・郡山Hip Shot Japan
開場 / 開演 17:00 / 18:00
[問]キョードー東北 022-217-7788
※一般発売日:5月24日(土)
※開場/開演時間は変更になる場合がございます。
●チケット料金:スタンディング 6,500円(税込 / 1ドリンク別)
※6歳以上有料。5歳以下入場不可。
※愛知・東京・大阪公演は1Fスタンディング / 2F指定席となります。
※ライブハウスでの公演となります。会場施設・会場構造と、お客様の安全の観点より、車いす対応や身体にハンディキャップをお持ちの方への対応が難しい場合があります。チケットをお求めの際は、ご購入前に[問]までお問い合わせください。

■DVD SINGLE「Wake me up」
2014年2月26日(水)発売
※映画「魔女の宅急便」主題歌
【初回限定盤】VNBM-3005 ¥1,300 (tax out)
1. Wake me up(Music Clip)
2. Wake me up(Live @Mai Kuraki COUNTDOWN LIVE 13-14 ~あRE:がとう!一期一会!~)
<Bonus Disc>
1. Wake me up
2. always giving my heart
3. Wake me up ~Instrumental~
【通常盤】VNBM-3006 ¥1,000 (tax out)
1. Wake me up(Music Clip)
<Bonus Disc>
1. Wake me up
2. always giving my heart
3. Wake me up ~Instrumental~

■LIVE DVD『Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 2-』
2014年3月26日(水)発売
【LIVE DVD 2枚組】VNBM-7020~21 ¥6,476 (tax out)
<DISC1 - 1部->
PRELUDE 【CARMEN】
1.Revive
2.冷たい海
3.儚さ
4.さくら さくら...
5.Stay by my side
6.Start in my life
7.Reach for the sky
8.風のららら
<DISC2 - 2部->
Overture 【Prelude for Mai.K】
9.The Sound of Music Special Medley
10.不思議の国
11.あなたがいるから
12.明日へ架ける橋
13.chance for you
14.Love, Day After Tomorrow
EC1.Time after time ~花舞う街で~
EC2.always
Extra stage.
もう一度
Secret of my heart
※ミニプログラム封入 ライブ来場者にのみ配布されたプログラムを今作用に再編集して特別封入


◆倉木麻衣 オフィシャルサイト
◆BARKS内 倉木麻衣特集ページ

◆インタビュー(2)へ戻る
◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報