高橋真梨子、その半生をフジ系『ワンダフルライフ』で赤裸々に語る

ツイート

高橋真梨子が、6月1日21時から放送のフジテレビ系『ワンダフルライフ』に出演し、これまでテレビを通じて語ることのなかったその半生を告白する。

番組では、母を憎み、亡き父を慕い続けた幼少期や高校生で上京して芸能界入りしながらも、父との約束を守るために帰郷した10代の頃、ペドロ&カプリシャスとして、高橋真梨子としての2度のデビューと結婚秘話、更年期障害と闘う中での母との和解、その母の死、2014年レコードデビュー42年目を迎えてステージに立ち続けること、歌い続けることなど、彼女の歌手人生が赤裸々に語られる。また、その活字版として、6月3日発売の週刊女性「人間ドキュメント」ページでも高橋真梨子の半生が語られている。

なお、高橋真梨子は、2013年に行なわれたコンサートツアー<MARIKO TAKAHASHI Concert vol.37 2013 Premium 40>の模様を収めた最新ライブ映像作品『LIVE Premium 40』と、3年ぶりとなるオリジナル・アルバム『Adultica~バラードを、いつも隣に~』を6月4日に同時リリース。そして、6月8日からは全国コンサートツアー<MARIKO TAKAHASHI Concert vol.38 2014 Adultica>をスタート。65歳を迎えた2014年も、全43公演10万人を超える動員となるコンサートツアーを行っていく。


◆高橋真梨子 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報