【CDレビュー】まだ輝いてるか?挑戦しているか?Maydayが「Do You Ever Shine?」に込めたメッセージ

ツイート

2013年11月に日本版ベストアルバム『Mayday × 五月天 the Best of 1999-2013』をリリースし、本格的に日本で始動したMaydayが日本では初となるシングル「Do You Ever Shine?」を6月4日にリリース。すでにフジテレビ系ドラマ『ビター・ブラッド』の主題歌としてもご存じの方が多いであろうこの曲のミュージックビデオには、歌詞の中で表現されている二面性を象徴する人物として阿信からの熱烈なオファーによりドラマの主人公である佐藤健が出演。さらに日本を代表する音楽プロデューサー小林武史が歌詞を書き下ろしていることも注目すべき点だ。

刑事ドラマの主題歌として、その雰囲気を入れたかったんです。登場人物同士が交わす感情のぶつかり合いや緊張感を楽曲に詰め込みました。小林武史さんにはデモの時点からさらに新たな角度で曲を解釈していただいて、“まだ輝いてるか?”“挑戦しているか?”という力強いメッセージを吹き込むことができました。(阿信)

Maydayの真骨頂である壮大なシンフォニーロックを基調としながら、デジタルサウンドも大胆に導入し、2014年の最新型として鳴り響いているタイトル曲。まるでドラマのアクションシーンを見ているかのようなスピード感のある展開もさることながら、初回盤のボーナストラックとして擬音と英語による“BITTER BLOOD ver.”が収録され、より感覚的に楽曲を楽しめるという点も今回のシングルの聴きどころのひとつだ。

そして、Maydayの台湾でのデビューアルバムから名曲「擁抱」を日本語ver.の「抱きしめて」としてリライト。さらに盟友flumpoolもカバーした「OAOA」の日本語バージョンや今年の夏に日本で開催される『トランスフォーマー博 TRANSFORMERS EXPO』テーマソングに決定した「DNA」、2011年から2014年に開催され延べ248万人を動員したワールドツアーのテーマソングでMaydayの世界観を表す上でも重要なバラード曲「ノアの方舟/諾亞方舟」も収録し、Maydayを知り尽くす上でもボリューム満点な内容になっている。

デビューから15年を経て、ライブの場で「擁抱」はどんどん変化してきました。その変化がMaydayの15年を表すものになっていると思います。(怪獸)

「ノアの方舟/諾亞方舟」は2013年の金曲奨(台湾グラミー賞)でベスト楽曲賞もいただいた僕らの代表曲。「OAOA」は日本のファンの皆さんにも馴染み深いと思いますが、ライブでも盛り上がる曲なのでぜひ改めて楽しんでほしいです。(阿信)

夏には「SUMMER SONIC 2014」東京(17日)、大阪(16日)両公演に出演が決定。名実ともにアジアを代表するスーパーバンドとして君臨し続けているMaydayが日本のシーンでも大暴れしてくれることに期待したい。

Text by 小林“こばーん”朋寛


New Single
「Do You Ever Shine?」
2014年6月4日発売
初回限定盤(CD+DVD)
AZZS-22 ¥1,700(tax out)
通常盤(CD)
AZCS-2036 ¥1,200(tax out)
収録曲
1.Do You Ever Shine? ※フジテレビ系ドラマ「ビター・ブラッド」主題歌
2.抱きしめて(擁抱 日本語 ver.)
3.OAOA(日本語ver.)
4.DNA
※「トランスフォーマー博 TRANSFORMERS EXPO」テーマソング
5.ノアの方舟/諾亞方舟
[初回盤 ボーナストラック]
「Do You Ever Shine?」(ドラマver.)
[初回盤特典DVD]
「Do You Ever Shine?」ミュージックビデオ
来日ドキュメント映像


◆Mayday オフィシャルサイト
◆Mayday 「Do You Ever Shine?」(BITTER BLOOD Ver.)_iTunes
この記事をツイート

この記事の関連情報