cro-magnon、レコーディングにこだわり抜いた3年半ぶりオリジナルアルバム

ツイート

cro-magnonが、7月16日にニューアルバム『V』をリリースすることが明らかとなった。

◆cro-magnon 画像

2010年12月の『joints』以来約3年半ぶりのオリジナルアルバムとなる今作は、パーカッシブなハウストラック「Patchwork Jazz」や、KINGDOM☆AFROCKSのIZPONをボーカルに迎えた「bonita」など全10曲を収録。アナログ・マルチテープでレコーディング、さらにヴィンテージ楽器を使用するなど録音にも拘り抜いて制作された。なお、現在オフィシャルサイトには、様々なアーティストから寄せられたリリースを祝うコメントが掲載されている。

また、2013年9月から10月にかけてDJ Mitsu the Beats、Masaya Fantasista、Wusspskiらと行った、自身3度目となるヨーロッパツアーの映像がTHE NORTH FACEの公式YouTubeチャンネルにて公開された。こちらは、CINEMA CARAVANとともに参加した<サン・セバスチャン国際映画祭>の模様や、初のモロッコ上陸など、男7人がキャンピングカーで回った6500kmの旅の様子が楽しめる内容となっている。

■リリース情報
『V』
2014年7月16日
LACD-0250 ¥2,500(税抜)
収録曲:
1.Floating Point
2.Seductive World
3.bonita
4.//Walts for Who?//
5.return to the journey
6.Fight against Fight
7.Patchwork Jazz
8.wishuwerehere
9.回遊人
10.path - a very thought of you -

■ライブ情報
<BADBADNOTGOOD>来日公演
2014年6月26日(木) 代官山UNIT
OPEN 18:00/START19:00



◆cro-magnon オフィシャルサイト
◆JAZZY SPORT サイトP
この記事をツイート

この記事の関連情報