エース・フレーリー、ナイト・レンジャーとキッスをプレイの曲を演奏

ツイート

5月24日、カリフォルニアのCarnegie Arts Centerで開かれた展示会<Carnegie Rocks!>のオープニング記念イベントで、元キッスのエース・フレーリーがナイト・レンジャーのパフォーマンスにジョインしキッスの曲をプレイした。

◆パフォーマンス映像

エースは最後の2曲で登場。ナイト・レンジャーや元ドッケンのジョージ・リンチと「Cold Gin」「Rock And Roll All Nite」をパフォーマンスしている。ジョージ・リンチはその前、ナイト・レンジャーと「Don't Tell Me You Love Me」、AC/DCのカバー「Highway To Hell」もプレイをしている。

<Carnegie Rocks!>では、レアなギターやロックンロール・メモラビリアを展示。エースがキッス時代、アルバム『Love Gun』(1977年)の制作などでプレイしたギターCherry Sunburstや<Dynasty Tour>で登場した“ライト・アップ・ギター”、ピーター・クリスのドラム・キットほか、“Space Ace”のコスチュームやエースそっくりのマネキン人形もあるという。キッスのものだけでなく、モトリー・クルーのミック・マーズのギター、ガンズ・アンド・ローゼズ時代のマット・ソーラムやチープ・トリックのバン・E・カルロスのドラム・キットなども展示されているそうだ。




Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報