イアン・マッカロク、アーケイド・ファイアの公演にゲスト出演

ツイート

金曜日(6月6日)、ロンドンのEarls Courtで開かれたアーケイド・ファイアの公演にエコー&ザ・バニーメンのフロントマン、イアン・マッカロクがゲスト出演した。

◆イアン・マッカロク+エコー&ザ・バニーメン画像

マッカロクはショウ半ば、ステージに登場。バンドは彼をボーカルに迎え、エコー&ザ・バニーメンの1983年のヒット曲「The Cutter」をプレイ、大歓声を受けている。

2万人収容のEarls Courtで2日間プレイしたアーケイド・ファイアは、7月、さらに大きな会場ハイド・パーク(6万5,000人収容)でパフォーマンス。その後、<Fuji Rock Festival>で来日する。

一方のエコー&ザ・バニーメンは5月終わり、5年ぶりの新作、12枚目のスタジオ・アルバムとなる『Meteorites』をリリース。翌日(6月7日)からUKツアーをスタート、8月にはUSAツアーを行う。


Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報