ジェニファー・ロペス、ワールドカップ開会式の出演をキャンセル

ツイート

ピットブルやブラジルのシンガー、クラウディア・レイチと<2014 FIFAワールドカップ>のオフィシャル・アンセム「We Are One (Ole Ola)」を歌うジェニファー・ロペスが、木曜日(6月12日)ブラジルのサンパウロで行われる開会式でのパフォーマンスに参加しないことが発表された。

◆ジェニファー・ロペス画像

FIFA(国際サッカー連盟)は6月8日、「プロダクション上の問題により、オフィシャル・ソング「We Are One」のアーティストの1人、ジェニファー・ロペスが、FIFAワールドカップの開会式でパフォーマンスしないことになりました」との声明を発表した。

ピットブルとレイチは予定通り、パフォーマンスする。開会式には、彼らのほかアクロバット、トランポリン、武術などのパフォーマー600人が出演するという。

ロペスは先週、開会式でのパフォーマンスを楽しみにしていると話していたばかりだった。現在のところ、プロダクション上の問題という以外詳しい説明はなされていない。


Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報