【ライブレポート】<ときめき☆びじゅLIVE>バンドもファンもみんなでドキドキの初体験

ツイート

ビジュアル系人気ニコ生公式番組「ときめき☆びじゅナイト」が2014年5月25日(日)新宿BLAZEでライブイベント<ときめき☆びじゅLIVE Vol.1~初夏のときめき❤初体験~>を行った。MCの星野卓也が「人生初」となるまさかのスイカ割りからスタート、出演した4組はそれぞれの「初体験」を披露し、ライブの最後ではスイカ味のアイスクリームがステージからばらまかれるなど、「初めて」づくしのイベントとなった。

◆<ときめき☆びじゅLIVE> 画像

トップを飾ったのが、仙台をベースに活動中のJin-Machine。ビジュアル系バンドにも関わらずオープニング・ナンバーでまさかのHIP HOPを披露。「俺たちがREAL HIP HOPをぶちかましてやるぜ」と叫びだすと同時に、ゲスト・ラッパーとしてアンティック―珈琲店―のみくと輝喜が登場。2人を招いてHIP HOPナンバー『ワル~WARU~』の演奏を行ったことが「初体験」ということであったが、その後は普段通りビジュアル系ソングで観客たちを熱狂させた。

美しいピアノの旋律とともにスタートしたBlu-BiLLioNのライブでは、ファンが一緒に合唱する風景が見られるなど、触れた人の心を多彩な歌で揺らしてゆく彼等らしいパフォーマンスを見せた。MCコーナーではニコニコ生放送を観ていたファンたちからのリクエストに答えたり、ライブのテーマにもなっている「初体験」では最新シングル「Tresor -トレゾア-」を初演奏した。

続いて登場したのはRoyz。彼等が披露した「初体験」は、アニメ「ワンピース」のカバー・ナンバー「ヒカリヘ」であった。「何かインパクトのあることがしたい」ということで今回、アニソン・コンピ盤でカバーした楽曲を選曲することとなったが、今後はなかなか聞ける機会がなさそうなだけに貴重なライブとなった。

大トリを飾ったアンティック-珈琲店-の「初体験」は、「女装でライブを演ること」。舞台上ではセーラー服姿の5人がスカートが翻ることさえ気にせず、いつものライブのように思いきりはしゃぐ姿を見せた。トークコーナーではボーカルのみくとドラムの輝喜が登場し、「ときめき☆びじゅLIVEに登場するときは毎回コスプレをする」と約束した。観客たちを一瞬にして熱狂させるところはさすが、イベント・キラーなバンドであった。

話題沸騰中のバンドから、これから活躍が期待されるバンドまで毎回様々なビジュアル系バンドを招いて、その知られざる素顔を徹底解剖するニコニコ動画で大人気のトークバラエティ「ときめき☆びじゅナイト」。今後、<ときめき☆びじゅLIVE>の追加情報も番組内で紹介していく予定だ。

◆ときめき☆びじゅナイト オフィシャル・サイト
◆BARKS ヴィジュアル系 V-ROCK
この記事をツイート

この記事の関連情報