ジェニファー・ロペス、W杯開会式で悩殺パフォーマンス

ツイート

ジェニファー・ロペスが、ブラジル・ワールド・カップ開会式で悩殺パフォーマンスを披露した。

◆ブラジル・ワールド・カップ開会式映像

公式テーマ曲「ウィー・アー・ワン (オーレ・オーラ)」が公開された際には、ワールド・カップ開会式でのパフォーマンスも発表されていたものの、その後スケジュールや製作等の理由で出演をキャンセルするとされ、その後やはり出演するとの発表が交錯するという状況にあった。無事開会式では、多数のダンサーが踊るピッチ中央のステージから、ピットブルと共にジェニファー・ロペスが登場、胸元を大胆に強調したセクシーな衣装でサンバのステップも披露し、全世界を一つにする待望の悩殺パフォーマンスで、開幕戦前のスタジアムを盛り立てた。

サッカー王国ブラジルのサンパウロ・アリーナで行われたオープニング・セレモニーは、中央に設置された球体LEDを中心にブラジルを象徴する、あふれる自然、陽気な人間、サッカーというセレモニー・コンセプトに即した様々な衣装を身に付けたダンサーの踊りと映像からスタートした。パフォーマー500人、地元ダンサー800人を始めとして約1750名が参加するブラジルの歴史と文化を象徴する圧巻のスペクタクルが披露された後、「ウィー・アー・ワン(オーレ・オーラ)」のイントロが流れ始めると中央の球体LEDが開き青色の衣装を着たクライディア・レイチが登場し、歌唱をスタート。続いて、ブラジル・カラーのポロシャツを着たピットブルとグリーンの衣装に身をまとったジェニファー・ロペスが装置の中から登場、直前に登場したすべてのパフォーマーとともに公式ソングで大いに式を盛り上げ、会場を一体にするワールドカップ開幕の祝宴にふさわしい熱演となった。

ジェニファー・ロペスは、10thアルバム『A.K.A.』を6月18日にリリースする。


『A.K.A.』
6月18日リリース
¥2,646(税込)UICC-10004

シングル「ファースト・ラヴ」
https://itunes.apple.com/jp/album/first-love-single/id871263632

◆ジェニファー・ロペス・オフィシャルサイト
◆『ワン・ラヴ、ワン・リズム 2014 FIFAワールドカップ・ブラジル大会公式アルバム』オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報