新局面を迎えつつあるFAKE?、道化師が猛毒を撒き散らす?

ツイート

KEN LLOYD率いるFAKE?のワンマン・ライヴが間近に迫ってきた。最近では自身の呼びかけによる対バン形式の<ROYAL INFECTIOUS TOUR>の実施や、MUCCの15周年企画として展開されている<MUCC SIX NINE WARS>への参加といった機会も重ねてきたFAKE?だが、ワンマン形式でのライヴは実に約9ヵ月ぶりということになる。

◆FAKE?画像

このライヴは<“HARLEQUINADE”ACT.1>と銘打ちながら、6月22日(日)に東京・代官山UNITにて開催されるもの。その告知画像を見ると、道化師の扮装をしたKENとおぼしき人物がガスマスクを着用している図案となっている。この公演タイトルにも掲げられている“harlequinade”という単語が意味するのは、ハーレクイン、つまり道化師が登場するパントマイムの一幕劇。まさか同夜、KENがパントマイムを披露するというわけではないだろうが、こうした図案や言葉からも察することができるのは、FAKE?の持つ二面性が強調されたライヴになるのではないかということ。ハーレクインという言葉には“まだら模様”という意味もあり、赤と黒を基調としたこの告知画像ともリンクしているところがあるが、これまでにも静と動、天使と悪魔といったコントラストを描いてきたKENは、いわば「自分の身を防毒マスクで守りながら毒気を撒き散らす道化師」のようにも思えるところがある。そんな彼のエンターテイナーとしての素養と、あくまでリアルであろうとする本能が、まさに赤と黒の鮮やかな“まだら模様”を描くことになるのではないかと、筆者は楽しみにしている。

ご存知の通り、FAKE?はあくまでKEN LLOYD自身によるプロジェクトであり、ステージに登場する顔ぶれには流動的なところがあるが、今回のステージでは「気心の知れた仲間たちによる、新たなシャッフル」とでもいうべきラインナップが彼のまわりを固めることになる。峰正典(OLDCODEX)とPABLO(Pay money To my Pain)によるツイン・ギターももちろんだが、それに加え、u:zo(ex.RIZE、INORAN/Sonz of Freedom)とRyo Yamagata(INORAN/OLDCODEX/Sonz of Freedom)という顔合わせ(すなわちINORANのソロ・ライヴと共通のリズム・セクション)がここで実現することも見逃せない。さらにFAKE?ファンにはおなじみのDJ BASSがターンテーブルを操り、OBLIVION DUSTでのライヴでもおなじみの中山崇史がマニピュレーターとして起用されることになっている。

また、当日の来場者には、今回のライブのために特別にデザインされたオリジナルのICカード保護フィルム(PASMOなどに貼って使用可能なもの)が無料配布されるとの情報も届いている。このレア・アイテムももちろん手に入れておきたいところだが、とにかく何よりも、FAKE?という稀有な存在の“生”の姿を是非ともこの機会にたっぷりと味わい尽くしたいところだ。

ちなみにこの場に掲載されているライブ写真は、FUZZY CONTROLとの対バン形式で行なわれた<ROYAL INFECTIOUS TOUR>第二弾の東京公演の際のもの(4月6日、東京・新宿BLAZE)。KEN自身のなかで長らく温められてきた新作音源についての具体的な新情報も待ち遠しいところだが、おそらくこのライブの場で、そのヒントも提示されることになるに違いない。この機会を、絶対に逸して欲しくない。

文/撮影:増田勇一

FAKE?<“Harlequinade” Act1>
2014年6月22日(日)
@DAIKANYAMA UNIT
17:00開場/17:30開演
スタンディング 税込5000円(D別)
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002005302P0050001P006001P0030054
受付期間 2014/5/10(土)10:00~2014/6/18(水)18:00
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1415098
Pコード:229-308
受付期間 2014/5/10(土)10:00~2014/6/19(木)23:59
http://l-tike.com/pc/d1/AA01G04F1.do?txtEvtCd=76036&txtPerfDay=20140622&txtPerfSeq=+&venueCd=39728&srcID=AA02G08
Lコード:76036
受付期間 2014/5/10(土)10:00~2014/6/18(水)18:00

◆チケット詳細&購入ページ
◆FAKE?オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報