【インタビュー】佐藤聡美「主人公を想像しながら歌ったので、より気持ちが入っています」

ツイート

■曲のいろんなシチュエーションに合わせた歌い方で
■主人公を想像しながら歌ったので、より気持ちが入った


──なるほど。「sweet! sweet!! sweet!!!」はホーンも前面に押出されていて、華やかな1曲に仕上がっているよね。

佐藤:そうなんです! スカっぽい曲が欲しいなっていうリクエストを出して、こういうリズムにアレンジしてもらったんです。この曲は、バンマスとしても、デビューの頃から関わってくださってるGEEKSのエンドウ.さんが作った楽曲なので、いろいろと私のリクエストにも応えてもらったので、より一層私らしい楽曲に仕上がったかなと思います。「♡’s☆cReaM♪」もエンドウ.さんが作ってくださった曲なんですが、アルバムのオープニングに相応しい1曲になったと思っていますし、逆に、ラスト曲の「オレンジdays」は、バラードだったので挑戦でもあったんですが、これもとてもいいエンディングになったと思っています。あとは、“みんなが共感してくれやすい、聴きやすい楽曲ももちろん、普段あんまり歌ったことのないような楽曲にも挑戦してみたいです!”っていう想いを投げたら、ディレクターさんの方から、じゃあ、こういうミュージシャン勢がいいかもねということで、locofrankさんやHawaian6さんをお招きしていただいて、今回ご一緒することができたんです。例えば、Hawaian6の安野さん(安野勇太)が作ってくれた「さよならギャラクシー」は、私にとっては初めて歌う曲調だったので、どうやって表現したらいいんだろって最初はすごく悩んだんです。

──「さよならギャラクシー」は、ちょっと古めな歌謡曲を思わせる楽曲でもあるよね。

佐藤:そうですね。今までの自分の引きだしにはない曲調の楽曲だったので、本当に刺激的でした。でも、とてもドラマティックな楽曲でもあったので、この曲の世界観の中にどっぷりと入り込んで歌ってみたんです。

──「魔法のようなもの」はどうだった? すごく曲展開が激しい1曲だと思うけど。

佐藤:そうなんですよ、すごく難しくて歌うのが本当に大変な1曲でした。でも、この曲をレコーディングしたとき、安野さんがスタジオに来てくださって、ディレクターさんと一緒になって歌い方のアドバイスをたくさんしていただいたので、本当に楽しくできました。安野さんのアドバイスがとても特徴的で、普通だったら、“この部分はもうちょっと強めに歌ってみて”とか“ここで少し力を抜いて”っていうアドバイスなのに、安野さんの場合は“これは、ちょっと引きこもっている人の歌です”とか“イメージ的には『少年ジャンプ』的な感じで!”っていうアドバイス(笑)。最初は、“え? そうはどういう感じのこと!?”って困惑したんですが、1つ1つ、センテンス、センテンスで、“強く”とか“弱く”って歌い分けるようなアドバイスではなく、イメージを膨らませていけるニュアンス的なアドバイスが、とてもやりやすくかった。イメージから膨らませていくというのが、私に合っていたんだと思うんです。おかげで、1曲1曲とても楽しく歌うことができました。そういう意味でも「魔法のようなもの」は、上手く歌おうということだけを思って曲そのものと向き合っていたら、歌えなかったんじゃないかなと思っているんです。

──なるほどね。聡美ちゃんならではの表現がしっかりと出せたという意味でもあったのかもしれないね。あと、やっぱりさすがだなと思ったのは声色。曲調によっていろんな声質を感じることもできたのも、このアルバムの大きな特徴なのかなと。

佐藤:ありがとうございます。そこは私も自分自身が声優であるからだと思います。ピッチとかテンポ感とか言うことより、曲のいろんなシチュエーションに合わせた歌い方といいますか、主人公を想像しながら歌わせてもらったので、より気持ちが入ったという感じでした。

──「♡’s☆cReaM♪」や「You Know」や「White Canvas」とか、ちょっと台詞っぽい部分があったりとかするところも特徴的だよね。コーラス部分が台詞っぽくなっていたりとか。

佐藤:そうなんです。このアルバムを引っ提げてのツアーを想定して制作していたこともあって、みんなで一緒に歌える部分を作りたいと思って敢えてそういう部分を増やしました。楽曲を作っていただく時に、あらかじめ、コール&レスポンスができるような部分を入れてください! ってリクエストしたところでもあったんです。ディレクターさん的にも、私の台詞部分をとても気に入っていただいたので、私からも意見を出しました。最初、「♡’s☆cReaM♪」の台詞の部分にはメロディーがあったんですが、敢えて台詞にしてみませんか? っていう案を出したり。

──なるほど。そこは声優の佐藤聡美ファン的にも嬉しいところだし、ライヴも楽しみになところでもあるよね。ところで、アルバムタイトルの『☆』にはどんな意味が?

佐藤:今回の曲の歌詞の中に、スターというワードだったり、宇宙を思わせる言葉がたくさん出てくるので、私から提案させてもらったんです。最初は英語表記にしようと思っていたんですが、敢えて☆のマークにして、それを“スター”って読ませてみるのも面白いんじゃないですか? ってスタッフさんから提案をもらって。☆のマークって、いろんなところで目にするマークだし、馴染みのあるマークでもあると思うので、このアルバムも、みなさんにとって馴染みのある1枚になってくれたらいいなという願いも込めています。

──では、最後に7月26日の名古屋を皮切りに、27日は大阪、8月2日は東京と控えてるライヴへの意気込みを。

佐藤:はい。今回のアルバムはライヴをイメージして作った1枚でもあるので、とてもライヴを楽しみにしています。みんなで元気に前を向いて歩けるようになる時間にできたらいいな。ぜひ遊びに来てください!

取材・文●武市尚子

『☆(スター)』
発売日:2014/06/18
品番:KIZC-253~4
販売価格:¥2,800 + 税
M-1.♡’s☆cReaM♪
M-2.さよならギャラクシー
M-3.Starlight Fortune
M-4.魔法のようなもの
M-5.sweet! sweet!! sweet!!!
M-6.You Know
M-7.White Canvas
M-8.オレンジ days
Bonus Track.ミライナイト -Studio Live ver.-
封入特典◆ステッカー
仕様◆外箱付き
特典映像◆DVD複合:勇者サトミ Lv.1 ~アーティストデビューの章~/「☆」メイキングMV

<発売記念イベント>
6月21日(土)トーク&ブロマイドお渡し会
「AKIHABARAゲーマーズ本店」12:00 (11:45開場)
「アニメイト秋葉原」14:00(13:45開場)
「とらのあな秋葉原店C」16:30(16:15開場)
「アキバ☆ソフマップ1号店」18:30(18:15開場)
「タワーレコード秋葉原」20:30(20:15開場)
※ブロマイドは各会場別絵柄となります。
6月28日(土)トーク&ブロマイドお渡し会
「HMV栄」12:00 (11:45集合)
「TSUTAYA EBISUBASHI」16:00 (15:45開場)
「アニメイト大阪日本橋」18:00 (17:30開場)
※ブロマイドは各会場別絵柄となります。

<東名阪ツアー>
7月26日(土) 名古屋・ell.FITS ALL
7月27日(日) 大阪・梅田Shangri-La
8月2日(土) 東京・shibuya duo MUSIC EXCHANGE

◆佐藤聡美 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報