家入レオ、新曲「純情」がアニメ『ドラゴンボール改』エンディング主題歌に

twitterツイート

家入レオ7枚目となるシングル「純情」のリリースが決定した。

◆家入レオ シングル「純情」ジャケット画像

7月30日リリースのシングル「純情」は、4月より放送中のフジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール改』(フジテレビ毎週日曜朝9時~ ※ 放送スケジュールは地域によって異なります。)7月クールのエンディング主題歌として、7月6日から起用される。家入にとっては、デビュー以来2年半ぶりにアニメ・エンディング主題歌を担当することとなる(なお、デビュー曲「サブリナ」がED主題歌になったアニメ『トリコ』も、今回の『ドラゴンボール改』と同じ時間帯での放送だった)。

所属レコード会社によると「“愛されたくて泣いたって 過去は変えられないさ 精一杯叫んだって 闇に消えてく 純情”そんな歌い出しで始まるこのポップロックチューンは、今年12月に20歳を迎える家入の、めまぐるしいスピードで流れゆく日常の中で、変化を受け入れながらも勇気をもって自分らしく歩を重ねること。そしていつまでもあふれ出る衝動に真っ直ぐ偽りなくあること。そんな自分の中の譲れないものを譲らない事を自分自身への宣言として、敢えて今あまり使われることのない言葉「純情」に詰め込んだ“10代最後の夏の純情宣言”。」とのこと。

なお、シングル「純情」はミュージックビデオなどを収録したDVD付の初回限定盤A、「ドラゴンボール改」オリジナル書き下ろしジャケット仕様の初回限定盤B、通常盤の3形態としてリリースされる。早々に解禁となったアートワークでは、髪をバッサリと15センチ以上も切って撮影に臨んだ家入の姿を見ることができる。中学生以来の短さとなった今回、家入は「この楽曲を通しての純情宣言にあわせて、初心に戻りたかった。」と、髪を切った理由を語っている。

同じく本日より公開となった「純情」予告編動画では、自身のステージ以外では初めてとなるギターを抱えた家入の、そしてひたすら街を全力疾走する家入の姿が映されている。

また、先のワンマンツアーの映像作品『a boy~3rd Live Tour~』(DVD/Blu-ray)もシングル「純情」と合わせて7月30日に発売される。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス