【イベントレポート】バニラビーンズのステージに大久保佳代子乱入

ツイート

大人気カプセルトイ“コップのフチ子”の公式ソングのCD発売記念お披露目イベントが、6月19日に東京・タワーレコード渋谷店で開催された。

◆お披露目イベント画像

19:00を少し過ぎた頃、ステージに表れたのはアイドル・ユニットのバニラビーンズのふたり。“コップのフチ子”の公式ソングを担当する。9枚目のシングル「Night on the Earth(2013)」に、4月にリリースされた最新シングル「ワタシ…不幸グセ」、そして最新シングルとなる"コップのフチ子”公式ソング「きっといい場所」の3曲を歌ったところへ、ステージには"コップのフチ子”広報担当、コップのシキ子が登場。シキ子が持参した市価50万円する巨大"フチ子"フィギュアを巡ったトーク等、"フチ子"にまつわる話しでひとしきり盛り上げる。

そこへ乱入したのはオアシズの大久保佳代子。大久保はフチ子公式ソングで自身初挑戦となる作詞に挑むも、コップのフチ子サイドよりダメ出しを食らい、正式非公認ソング扱いに。

「オファーを受けて一生懸命書いたのに、正式非公認ソングとはどういう事だ!」と壇上でクレームをつける大久保に対し広報担当のコップのシキ子は、歌詞の一つ一つを抜き出してNGポイントを懇切丁寧に説明。清楚なOLイメージの"コップのフチ子”には、大久保の書いた「絶対パンティーライン」は下ネタが過ぎるというものらしい。

「下ネタNGなら、そもそも私に頼まないでよ!」と毒づくも「じわじわとブームを作って売りましょう!」とヒット宣言。これを受けてバニラビーンズのふたりは、「日本中をパンティーラインにして、この曲で紅白歌合戦狙います!」と、こちらも高らかにヒット宣言。まずは“コップのフチ子"フィギュア付きの初回限定盤10000枚の完売を目指す。

会場内を爆笑の渦に包んだ大久保佳代子、コップのシキ子を交えてのクロス・トークの後は、再びバニラビーンズのパフォーマンス。ラストは現メンバーのリサが加入して最初にリリースしたシングルで、スウェディッシュ・ポップの傑作「ニコラ」。デビューの頃から応援しているファンにとっては思い出深い曲で締め「勝負の1枚のつもりで頑張ります!」と頼もしいメッセージを残して45分のイベントは終了。集まった150人のファンを酔わせた。

イベント終了後は、1時間近くにも及ぶ正統派アイドルお約束の特典会も開催。ファンひとりひとりと固い握手をかわした。大久保に「ベテラン感が漂うアイドル!」と評されたデビュー7年目のバニラビーンズ。いよいよこの曲でブレイクを果たすか!

PHOTO:KAYOKO YAMAMOTO

「きっといい場所/絶対パンティーライン」
2014年6月18日(水)発売
フィギュア付き限定盤(CD+フィギュア)TPRC-0087 ¥1,300+税
※オリジナルフィギュア「タワーレコードのフチ子」付き
初回限定盤(CD+DVD)TPRC-0088 ¥1,500+税
※コップのフチ子公式ソング きっといい場所(フチ)Music Video収録
通常盤(CD)TPRC-0089 ¥1,000+税
1.きっといい場所※コップのフチ子公式ソング
2.絶対パンティーライン※コップのフチ子正式非公認ソング
3.きっといい場所 instrumental
4.絶対パンティーライン instrumental

◆バニラビーンズ・オフィシャルサイト
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報