ANARCHY、「何も無い街」で撮影のドキュメンタリー映画『DANCHI NO YUME』渋谷で公開

ツイート

7月2日にavexよりメジャーデビューアルバム『NEW YANKEE』をリリースするラッパー・ANARCHY。そのリリース直後となる7月5日より彼のドキュメンタリー映画『DANCHI NO YUME』が渋谷で公開される事が明らかになった。

『DANCHI NO YUME』は2007年から2008年にかけてニューヨークの撮影クルーが京都に住み込み、ANARCHYに密着して撮影された作品。親しいアーティストや友人、さらには実父による証言を交えながら、ANARCHYの内面に迫る内容となっている。

撮影場所は、ほぼ全編、ANARCHYの出身地である京都の公営団地・向島ニュータウン。予告編で「社会から見放された」と形容され、本編内でも登場人物たちが口々に「何も無い」と語る同地から、仲間とともにヒップホップを通じ這い上がろうとする姿は、彼がavexとのメジャー契約を掴みとった今、一層印象に残る。

撮影期間はANARCHYにとって2枚目のアルバムである『Dream and Drama』の制作、プロモーション期間と重なっており、レコーディングの風景や東京初となった原宿アストロホールでのライブの模様も収められている。

公開は、2014年7月5日(土)より渋谷アップリンクにて。


◆BARKS DANCE
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス