アヲイが、5月30日の新宿RUIDO K4公演を皮切りに<ONEMAN TOUR 2014 「フテキゴウな林檎」>を開催中だ。このツアーは8月8日の渋谷WWWまで、仙台、松山、吹田、渋谷、岡山、福岡、名古屋、大阪を2DAYSずつ廻るもの。足掛け3ヵ月間全19公演のロングスケールな規模で行われる。

◆アヲイ 画像

2014年10月22日の結成10周年をもって解散することが決定している彼らだが、その活動ぶりは現在も活発だ。前述のツアーファイナルを迎える8月にベストアルバムのリリース、8月下旬から9月頭にかけて東名阪ラスト公演、9月に最後の主催イベント開催、同じく9月にラストシングルリリース、10月に最後のワンマンツアーを行うなど、息をもつかせぬスケジュールが発表となっている。

そして開催中の<ONEMAN TOUR 2014 「フテキゴウな林檎」>は、潔いまでに豪快なステージを繰り広げる5人の姿が印象的だ。そこには湿っぽさなど微塵もない。最後の時まで全力でひた走るメンバーの弾き出すサウンドが揺るぎない決意を示すようで、彼らにしか成し得ない空間を築き上げることに成功している。

全身全霊のステージを余すところなくお伝えするべく、【連載レポ】として同ツアーの模様をメンバー自身が、自らの視点で執筆したライブレポートをお届けする。三ヵ所目は6月14日および15日の松山Double-u Studio one、執筆者はギターの翔。だ。初回のオトギ同様、音楽ライターになりきって第三者目線で書かれたレポートは、オフの描写も加えられたドキュメントタッチ。“翔。が翔。に聞いたコメント”も記されている

   ◆   ◆   ◆

【6月14日(土) 松山Double-u Studio one 文◎翔。】

10月22日に解散することを発表したアヲイは、現在、ワンマンツアー<フテキゴウな林檎>を開催中だ。アヲイ史上初となる松山ワンマンに同行した。

“人間味溢れるライブ”──アヲイにふさわしいネーミングではないか。数々のライブをこなしてきた彼らは約2時間のステージの中で何を見せるのか?

14日当日、会場入りから彼らのテンションは高い。それもそのはず、なんと今回のライブ会場は、プロレス式のステージ入場方法が取られるという。そういうライブハウスにテンションが上がるのもアヲイだ。真っ先にはしゃいだのはギターの翔。だったのは言わなくてもわかるレベルの話だ。

和気あいあいムードでリハーサルの準備へ。さっきまでのおちゃらけた雰囲気から一転、真剣な顔に変わり、入念なリハーサルが行われた。リハーサル後はメイク。ビジュアル系は大変だ。メイクが終わると、次はチェキの撮影が待っている。そして会場前に最終サウンドチェックを行なって、17:30開場。瞬く間に会場がバンギャルで埋め尽くされた。

そして18:00開演。バンギャルの作った花道を歩くメンバーの顔は真剣そのものだ。オトギが最後に登場。

「松山いけるか? いけんのか松山!」

オトギによるこの煽りから1曲目の「バタフライ」へ。待ってました!と言わんばかりに会場はヘッドバンキングの海へと変わる。畳み掛けるように激しい曲でバンギャル共を煽り散らす。

新曲が早くも馴染んできてることにも驚いた。中間のSEを挟んで披露された新曲「拝啓、愛しくも冷たい絶望の雨」はアヲイの真骨頂とも言えるもの。さらにボルテージを高めた会場に鳥肌が立つほどだ。

ヒートアップし続ける会場に、静かに演奏された「イヴ」。伸びやかなオトギの声に、うねるサキのベースがアンサンブルを生み出し、さらに壮大な雰囲気へと誘った。続く「bakemono」でアヲイの新しい一面が見えた気がした。

「鈴虫」から本編ラストの「rainy baby」まで休む暇を与えないほどに畳み掛ける。会場に集まったバンギャル共は日頃のストレスを吐き出すかのように狂っていく。アンコールでは3曲を披露し、笑顔が溢れる会場となった。

ホテルに戻る途中に温泉に寄った。露天風呂で並ぶメンバーは“気持ち悪い”の一言で表現できる! …………やはりサキのはすごい。

【6月15日(日) 松山Double-u Studio one 文◎翔。】

夜が明けて、松山公演2日目。ギターの翔。が大人しい。今日は何かが起こる、そんな予感がした。後にわかったことだが、真相は二日酔いらしい。

本日のライブは前日より少し早い15:30開場16:00開演。16:00を回った直後、会場にSEが鳴り響いた。昨夜よりも多い人数が集まった会場は、松山でのアヲイ最後の公演への想いから、すでに爆発寸前だ。

この日1曲目を飾ったのは新曲「SAW」。ひたすら激しい楽曲に乗せてアヲイの想いが伝わってくるようだ。そして、この日のセットリストは鬼畜だ。「レクイエム」「バタフライ」「daring」「calling」、メロディアスな新曲「夢」へ続いていった。

中間にSEを挟み、より深い世界へ。アヲイの楽曲の幅を感じることができるセットリストはさすがの一言。「午前0時の蟻とショートケーキ」ではオトギがマイクを食べるパフォーマンスも見ることができた。数々のライブを経験してきたアヲイならではのパフォーマンスはビジュアル系における新しいジャンルだ。

後半ブロックも変幻自在な楽曲を繰り出し、バンギャル共とひとつになっていく。“アヲイが作るライブハウスの在り方”──自由こそが一番。アヲイのライブに行ったら是非自由になっていただきたい。

アンコールを終え、ドラムセットにギター、ベースを立て掛け、慎が何かを叫んでいたがサキには届かなかった。こういうグダグダした感じも、飾らないアヲイの空気感なのかもしれない。アヲイ史上初にして最後となる松山ワンマンは大盛況のうちに終了した。

「今日も水いっぱい吹いたなぁ。顔面にかかってるやつおってん。悪気はないねんけどなぁ^_^ まぁ悪いとは思ってないけどね」「今回の個人的目標は、全く飾らない素の自分」

ライブ後に翔。は、こう強く言い残し、会場を後にした。

これからますますヒートアップしていくであろう<アヲイONEMAN TOUR「フテキゴウな林檎」>。TOUR FAINALとなる8月8日の渋谷WWWではどんなライブを魅せてくれるのか、目が離せない。


■<アヲイ ONEMAN TOUR 2014 「フテキゴウな林檎」 >
2014年05月30日(金) 新宿RUIDO K4
2014年05月31日(土) 新宿RUIDO K4
2014年06月06日(金) 仙台パークスクエア
2014年06月07日(土) 仙台パークスクエア
2014年06月14日(土) 松山Double-u Studio one
2014年06月15日(日) 松山Double-u Studio one
2014年06月20日(金) ESAKA MUSE
2014年06月21日(土) ESAKA MUSE
2014年06月28日(土) 渋谷チェルシーホテル
2014年06月29日(日) 渋谷チェルシーホテル
2014年07月05日(土) 岡山IMAGE
2014年07月06日(日) 岡山IMAGE
2014年07月12日(土) 福岡DRUM SON
2014年07月13日(日) 福岡DRUM SON
2014年07月18日(金) 名古屋ミュージックファーム
2014年07月19日(土) 名古屋ミュージックファーム
2014年08月01日(金) OSAKA MUSE
2014年08月02日(土) OSAKA MUSE
2014年08月08日(金) 渋谷WWW

■<アヲイPRESENTSファンの集い『雨天決行 名古屋ラスト編』>
2014年08月23日(土) HOLIDAY NEXT NAGOYA
■<アヲイPRESENTSファンの集い『雨天決行 大阪ラスト編』>
2014年08月30日(土) OSAKA BRAND NEW
■<アヲイPRESENTSファンの集い『雨天決行 東京ラスト編』>
2014年09月07日(日) 高田馬場CLUB PHASE
■<アヲイ LAST PRESENTS「BLACK SHOW CASE」FINAL>
2014年09月22日(月) OSAKA MUSE
[問]FACE MUSIC 06-6543-3338

◆アヲイ オフィシャルサイト