川本真琴、『川本真琴』『gobbledygook』を高品質CDで復刻

twitterツイート

川本真琴のデビューアルバム『川本真琴』とセカンドアルバム『gobbledygook』の2タイトルが7月16日にリリースとなる。

◆川本真琴画像

1996年のデビューシングル「愛の才能」から「DNA」「1/2」とシングル作品を立て続けにヒットさせ、鮮烈な印象を与えた川本真琴は、そのボーカルスタイルとソングライターとしての才能とともに高く評価され、1stアルバム『川本真琴』からミリオンヒットを記録していた。

1998年にシングル「桜」、1999年にはシングル「ピカピカ」を、そして2000年にはシングル「微熱」「FRAGILE」を立て続けに発表し、2001年にリリースのセカンドアルバム『gobbledygook(ゴブルディグーク)』は女性シンガーソングライターの枠組みから大きく逸脱したサンプリングと、編集を駆使した音像世界から、近年「早すぎた傑作」と評価されている。

今回復刻リリースとなる両作は、本人監修による最新リマスタリングを施し、高音質CD Blu-spec CD2で7月16日に同時発売となる。なお、初回仕様盤では特典として三方背スリーブに加え、曲ごとに本人が綴った書き下ろしエッセイブックレットが封入される。

復刻リリースに先立ち、川本真琴は7月4日放送のフジテレビ系「僕らの音楽」にゲスト出演する予定だ。「僕らのGiRL POP」をテーマに、当時ともに雑誌「GiRL POP」の紙面を飾っていた森高千里、谷村有美らと競演、デビュー曲「愛の才能」を歌うとのこと。実に13年ぶりのテレビ出演となるものだ。

『川本真琴』(1997年6月26日オリジナルリリース)
『gobbledygook』(2002年7月1日オリジナルリリース)
2014年7月16日発売(2タイトル同時発売)
\2,500+税

◆川本真琴 アルバム復刻スペシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon