EXILE ATSUSHI、ニューヨーク・カーネギーホールで開催のチャリティ・コンサートに出演。日本人初

ツイート

2006年から毎年、ニューヨーク・カーネギーホールにて12月の第一週に開催されているチャリティーコンサート<クリスマス キャロル コンサート>。2014年は、日本人アーティストとして初めてEXILE ATSUSHIが出演する。

◆<クリスマス キャロル コンサート>記者会見 画像

米・ヒーリングミュージックの第一人者ティム・ジャニスが主催するこのコンサートは、子どもたちに夢と希望を歌と音楽で届けるという主旨に沿って毎年開催。発生する売上は、基金として寄付されている。記者会見が7月3日、都内で開催され、EXILE ATSUSHIとティム・ジャニス、そしてEXILE ATSUSHIの出演に動いた大神 エイミー 敏世 ダイアモンドセレクトクラブ ワールドワイド 代表取締役社長と非営利法人・児童夢基金理事の羽田雄一郎 参議院議員が登壇した。

<クリスマス キャロル コンサート>はもちろん、日本と諸外国の架け橋として数多くの文化交流、チャリティー活動を行なってきた大神社長が、東日本大震災で被災した子どもたちの夢をサポートする非営利法人・児童夢基金の存在を知り、その活動の一環として、子どもたちに夢を与える、日本と世界をつなぐエンターテインメントプロジェクトを発足。<クリスマス キャロル コンサート>への初の日本人アーティスト出演を実現させるために活動していたところ、音楽を通して社会貢献活動も行なっているEXILE ATSUSHIの存在を知り、さらに熊本にて実際にライブを観覧。ATSUSHI本人とも長時間にわたって話し、出演をオファーした。ATSUSHIもその活動に共感し、今回の出演に至ったという。

出演するEXILE ATSUSHIは、今回の出演について「大神さんのほうから今回のお話をいただきまして、日本の被災地の復興支援の一環として、ティムさんのイベントから児童夢基金のほうにも協力させていただきたいという話をお聞きしまして、僕もイチ歌手として、社会貢献や困っている人、被災した子どもたちを助けたいと。そのために自分にできることは、歌を届けることしかないので、協力してくれることの感謝の気持ちとして、自分が歌を歌って、日本人としてお礼を伝えてきたいと思います。」とコメント。また、主催者のティム・ジャニスは、「<クリスマス キャロル コンサート>は、ニューヨークでホリデータイムの期間に行なわれるコンサートとしてはもっともポピュラーなものです。今回、日本からEXILE ATSUSHIさんが参加するということで、彼の才能とパフォーマンスを迎え入れることができ、2014年のコンサートはとりわけ素晴らしいものになると思っています。」と、EXILE ATSUSHIに期待を寄せた。

なお、今年のコンサートでEXILE ATSUSHIは、ティム・ジャニスが書き下ろした楽曲と、EXILE ATSUSHI書きおろし、ティムがアレンジした楽曲など3曲を歌唱する予定。作品について制作はこれからということで、ATSUSHIは「ティムさんも映画の制作中で、自分もソロツアー中なので、同じくらいに仕事が落ち着いたタイミングで作りたいと思います。今はまだイメージの段階です。」と話している。

text and photo by ytsuji a.k.a 編集部(つ)

◆BARKSライブレポート
この記事をツイート

この記事の関連情報