テツandトモ、TV歌番組で「桜前線」初歌唱「ジャージじゃない衣装で真面目に」

ツイート

テツandトモが7月6日、最新曲「桜前線」をテレビ東京の歌番組「洋子の演歌一直線」で初歌唱する。

◆テツandトモ 画像

「赤ジャージで顔が面長のテツです。初めての歌番組、すごくすごく嬉しいです!番組が始まって20年という歴史ある『洋子の演歌一直線』で歌わせて頂けて本当に幸せです。ジャージじゃない衣装で、真面目に歌う姿を皆さん是非見て下さいね」──テツ

「この番組で歌わせて頂き、とても嬉しいです。ジャージを脱ぎ、ギターを置き、なんでだろう~を封印した僕達を、是非!ご覧ください」──トモ

「なんでだろう~」で2003年の新語・流行語大賞を受賞し、同年の「第54回 NHK紅白歌合戦」にも出場。“歌手”として11年ぶりの紅白歌合戦出場を目指すと宣言した彼らが、桜ソングの新スタンダードとしてリリースしたナンバーが「桜前線」だ。1月13日の千葉県ニッケコルトンプラザでの歌い初め以来、彼らは同曲を全国のイベント会場で披露し続けて来た。その回数は30都道府県79ヵ所100回、全国45,690人ものお客さんたちの前でお披露目してきたことになるという。

そんな地道活動が功を奏し、20年以上1,000回以上の放送回数の歴史を誇る老舗音楽番組『洋子の演歌一直線』への出演が決定した。テツandトモにとって、「桜前線」をテレビの本格的音楽番組で歌うのは初。ジャージを脱ぎ、ギターを置いての出演となる。

実はテツが高校時代に出演した「のど自慢番組」の審査員を長山洋子さんが務めていたそうだ。また、テツandトモ結成から間もない頃、地方の営業イベントで一緒になった際に、長山洋子さんからカニの差し入れを頂いたことも印象に残っているという。

「洋子の演歌一直線」放送同日の7月6日(日)、テツandトモはNHK総合「桂文枝の演芸図鑑」に芸人として出演することも決定しており、この日は歌手として、また芸人としてのテツandトモが楽しめる。

■テツandトモ「桜前線」
2014年2月26日発売
\1,000(本体)+税 WPCL.11745

■テレビ東京「洋子の演歌一直線」
7月6日(日) 朝6時00分~6時30分
歌手:テツandトモがテレビ歌番組で「桜前線」を初歌唱!
[ネット局の放送日時]
7月17日(木)三重テレビ 午後1時30分~
7月18日(金)びわ湖放送 午前10時30分~
7月22日(火)テレビ和歌山 午前8時00分~
8月28日(木)奈良テレビ 午後2時00分~
http://www.ttmnet.co.jp/blog-yokoenka/

■NHK総合「桂文枝の演芸図鑑」
7月6日(日) 朝5時15分~5時45分
芸人:テツandトモがネタを披露します。
http://www4.nhk.or.jp/engeizukan/

◆テツandトモ オフィシャルホームページ
この記事をツイート

この記事の関連情報