【イベントレポート】オレンジポート、12人の無名少女が世界デビュー

twitterツイート

7月2日(水)~6日(日)、フランス・パリで開催され約26万人を動員したヨーロッパ最大規模のJAPAN POPカルチャーイベント<JAPAN EXPO 2014>に、静岡県のご当地アイドル、オレンジポートがステージゲストとして出演、平均年齢14歳の無名の12人の少女達が衝撃的な世界デビューを果たした。

◆オレンジポート画像

開催期間中は、中川翔子、Berryz工房、℃-ute、乃木坂46といった豪華ゲスト出演者がステージを彩る中で、オレンジポートは最多の6ステージを果敢にこなし、7月3日と5日の2回のメインステージでは、ともに約3000人を動員する活況ぶりを見せていた。パフォーマンス後にはアンコールが飛び出す熱狂に、現地入りした日本人関係者も驚きを隠せなかったようだ。

日本から持ち込んだCDもあっという間に完売してしまい、彼女達がPRを手伝う静岡県沼津市のご当地PRブースにも連日長蛇の列ができる人気をみせ、現地メディアの取材やインタビューを通して、世界に静岡県・沼津市をアピールしていた。

静岡茶に対する外国人の反応は、「にがい」⇒「あつい」⇒「でもおいしい」と、渋い顔をしながらも日本茶への興味はつきないようだ。大のふなっしー好きの渡辺結菜(15歳)は、憧れのふなっしーにドキドキの突撃訪問を決行、ふなっしーに静岡茶を振る舞い「おいしいなっしー」と太鼓判をもらって大喜びだ。

「無名の私達が<JAPAN EXPO>に出演すると決まり不安で仕方がありませんでしたが、現地に行くと考えが180度逆転しました。国や言葉も違うのに音楽やダンス、笑顔を通してこんなにも繋がることができるんだ!と、とても感動しました。私たちの住む沼津に「一度行ってみたい!」「今度、遊びに行くよ!」と言ってくださる海外の方も沢山いて嬉しかったです。オレンジポートとしてはフランスで出会った沢山のファンの皆さんとの出会いを大切にして、今度はフランスで大きな単独ライブができるくらいまで成長したいです!」──オレンジポート・センター渡辺結菜

「日本語をしゃべれる海外の方々、日本語を書ける、日本の漫画の事を語れる、日本の漫画を描ける人の多さにビックリしました。そんな中、<Japan Expo>15周年ステージに立たせてもらい、3000人の前でLIVEが出来たことで、沼津市をはじめ静岡県をしっかりPRできたかと思います。ステージ以外の時間も、日本・海外を合わせて20を超える雑誌やテレビのインタビュー、サイン会や握手会で休む暇がありませんでした。ドイツ、イタリア、イギリス他からも同じようなJAPAN POPカルチャーイベントへの出演オファーもいただきましたし、帰りの空港には沢山のファンの方々が見送りに来て下さり、長生きしていて良かったなと思いました」──総合プロデュース YANAGIMAN

イベント主催者サイドからも早くも次回出演のオファーを受けるなど、ご当地アイドル、オレンジポートの世界デビューは見事に成功を収めた。成功の要因としては大小織り交ぜたステージ出演と、出演者本人と直接触れ合えるブース展開の連動が功を奏したという。地方アイドルによる地元PRの成功も、今後のクールJAPAN戦略の大きなヒントになったことだろう。


◆オレンジポート・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス