【独占入手】きゃりーぱみゅぱみゅのロボット姿、本邦初公開

ツイート

7月12日(土)より全国のイオンシネマ他にて公開となる、映画『きゃりーぱみゅぱみゅシネマJOHN!』から、決定的な1シーン画像を特別入手することができた。「きゃりーぱみゅぱみゅはロボットだった!?」という奇想天外なファンタジー・ストーリーとなる本作だが、ロボットであることを証明する画像だ。

◆きゃりーぱみゅぱみゅロボット姿 画像

ご覧のとおり、皮膚の下には機械がぎっしり。おーい、アメに蟻が付いているぞ。

そして合わせて独占入手に成功したのが、本作に登場するロボットの写真である。メカメカしいロボットではなく、きゃりーらしさ満載の柔らかく有機的な暖かさを感じさせる非常に個性的なロボットだ。

このロボットの造形は、ブランド「月によろしく」の布小物・アクセサリー作家である堀本有希が製作したもので、堀本有希は「普段は小物やアクセサリーを制作していますので、自立できるロボットという依頼は初めてで。製作には150時間かかりました。無機質なロボットのイメージではなく、なるべく柔らかい素材を使って、きゃりーさんの自分なりのイメージを具現化しました。」と語っている。

「ロボットであり人間でもあるストーリーを考え、ロボット本体の外側に腸を巻き付け、できる限り人間に近い柔らかみのあるロボットとして製作しました」と、ポップでカオスな本作をそのまま具現化したような、奇抜なデザインに仕上がったようだ。

映画『きゃりーぱみゅぱみゅシネマJOHN!』
悲しき真実… きゃりーぱみゅぱみゅは「にんげん」ではなかった?
2014年ワールドツアー<NANDA COLLECTION WORLD TOUR 2014>ヨーロッパでの公演で囁かれたあるウワサ。コンサートの関係者から、きゃりーに関するある証言が浮かび上がった。「きゃりーぱみゅぱみゅは、人間ではないのではないか?」。確かに目撃した!と興奮まじりに証言する関係者たち。そして、その後証言者たちは謎の失踪を遂げる…。日本に帰国したきゃりーぱみゅぱみゅを待ち受けていたのは、本人も知る由もなかった信じられない事実…そう!きゃりーぱみゅぱみゅは「ロボット」だった!ガクゼンとするきゃりー。ちょっとシュールな「自分探し」の旅に出る…。
出演:きゃりーぱみゅぱみゅ他
監督:湧川敬介
原作・プロデュース:松岡雄浩
脚本:吉川スミス
撮影:江口聡
配給:イオンエンターテイメント
公式サイト http://cinemajohn.com/
公式ツイッター @kyarypamyujohn
(C)きゃりーぱみゅぱみゅシネマJOHN!製作委員会
7月12日(土)より、全国のイオンシネマ他にて公開

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報