TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND、11.2MHz DSDマルチトラックレコーディングを敢行

ツイート

オリジナルアルバムからアニメ劇伴まで、幅広い楽曲を手がけるTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND(テクノボーイズ・パルクラフト・グリーンファンド)が、ポップソングとしては史上初となる11.2MHz DSD(DSD256)マルチトラックレコーディングを世界に先駆け敢行した。

◆TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND画像

▲iFI「micro iDSD」
▲AK500N(仮称)
その楽曲が収録される「Net Audio」誌の発売と、最高22.4MHzまでのDSD音源をサポートするiFI AudioのUSB DAC兼ヘッドフォンアンプmicro iDSDの日本発売を記念し、7月19日に開催されるイベント<ポタ研2014夏>にて、試聴イベントが開催される。

今回の11.2MHz DSDレコーディングのために書き下ろされた楽曲「visible invisible」が、iFI「micro iDSD」とAK製スピーカーシステムでいち早く試聴できるのみならず、e-onkyoから配信中のTVアニメ『ウィッチクラフトワークス』エンディングテーマ「ウィッチ☆アクティビティ」や、オリジナル2ndアルバム『good night citizen』なども、高品質サウンドで聴くことができる。当日はアイリバーのブランニューモデルAK500N(仮称)でプレイバックされる予定だとか。

イベント当日は、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのメンバーも登壇し、音源を収録した「Net Audio」最新号の購入者を対象としたサイン会も開催される。

<TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND ハイレゾ音源試聴会>
7月19日 午後2時~
@フジヤエービック様主催イベント「ポタ研2014夏」会場内
中野サンプラザ15階 特別展示会場リーフルーム
※JR中央線・総武線/東西線 中野駅 北口より徒歩一分
※入場者数:先着40名まで
※ゲスト:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
※司会進行:野村ケンジ
この記事をツイート

この記事の関連情報