プスンブーツ、女子会のごとく自由気ままに

ツイート

ノラ・ジョーンズの新作『ノー・フールズ、ノー・ファン』が、プスンブーツ名義で7月16日に発売となった。これまで様々なアーティストとコラボレーションを行ってきたノラ・ジョーンズにとって、今作は記念すべき100番目のレコーディング・プロジェクトとなるものだ。

◆プスンブーツ画像

プスンブーツは、2008年からライブ活動を行っていたバンドで、ノラ・ジョーンズ、サーシャ・ダブソンとキャサリン・ポッパーによる3人組だが、もともと得意でなかったギターを学ぶためにライブを始めたのがこのバンドが始まるきっかけだったらしい。今作でボーカルのほかにリードギターを担当し、新たな一面を見せる点にも注目だ。

アルバムにはジョニー・キャッシュ、ザ・バンド、ニール・ヤングなどのカバー曲とノラを含めた各メンバーによるオリジナル楽曲を含むライブ音源+スタジオ音源全12曲が収録され、女子会のごとく自由気ままに好きな楽曲を集めた楽しい作品となっている。日本シングル楽曲である「あなたは分かっちゃいない」は、ノラ・ジョーンズが日本ツアー中に楽屋で作曲したのだとか。

photo by Richard Ballard


プスンブーツ『ノー・フールズ、ノー・ファン』
7月16日発売
UCCQ-1017 ¥2,500(+税)
歌詞対訳+解説付き SHM-CD
1.リーヴィング・ロンドン(トム・パクストンのカヴァー曲)
2.ブル・ライダー-(LIVE)(ジョニー・キャッシュにより有名になったロドニー・クローウェルのカヴァー曲)
3.トワイライト(ロビー・ロバートソン作曲によるザ・バンドのカヴァー曲 )
4.セックス・ディグリーズ・オブ・セパレーション(サーシャ・ダブソン:オリジナル)
5.ドント・ノウ・ホワット・イット・ミーンズ(ノラー・ジョーンズ:オリジナル)
6.ダウン・バイ・ザ・リヴァー(LIVE)(ニール・ヤングのカヴァー)
7.ターニッシュド・エンジェル(LIVE)(ジョージ・ジョーンズがヒットさせたロジャー・ミラーのカヴァー曲)
8.ジーザス・エトセトラ( ウィルコのカヴァー曲)
9.オールウェイズ(キャサリン・ポッパー:オリジナル)
10.GTO(ジェブ・ロイ・ニコルズのカヴァー)
11.パインズ(キャサリン・ポッパ:オリジナル)
12.ユール・フォゲット・ミー(サーシャ・ダブソン:オリジナル)
https://itunes.apple.com/jp/album/no-fools-no-fun-deluxe/id898223416

●サーシャ・ダブソン/Sasha Dobson(vocals, acoustic guitar, bass, drums)
サーシャ・ダブソンはカリフォルニアのサンタ・クルーズで育った。父親、スミス・ダブソンはベイエリアで活動する大変影響力を持った人気のピアニストの1人で、母親は有名なシンガー、兄弟は優れたドラマーである。12歳のときにはモントレー・ジャズ・フェスティバルに家族で出演。17歳でブルックリンに移りニューヨークのジャズ・シーンに早くも溶け込んだ。2005年にはザ・クリス・バイヤーズ・オクテット(The Chris Byars Octet)と『ザ・ダークリング・スラッシュ(The Darkling Thrush)』を、2006年には『モダン・ロマンス(Modern Romance)』をリリース。米タイム・マガジンから受賞された『モダン・ロマンス』はジェシー・ハリスのプロデュース。サーシャをツアーに招いた友人、ノラ・ジョーンズと近所のバーでプレイを始める。ダブソンの最新作『アクエリアス Aquarius(2013)』はギタリスト/プロデューサーであるジョエル・ハミルトン((Black Keys, Tom Waits, Sparklehorse)とレコーディング。米音楽誌MAGNET では“かっこよくて惹きつけるアルバム”と評価された。ダブソンと彼女のバンドは、ファーム・エイド2013(Frm Aid 2013)にてパフォーマンスを果たし、2014年始めにはウィリー・ネルソンのオープニングを何度か務めている。

●ノラ・ジョーンズ/ Norah Jones(vocals, electric guitar, fiddle)
ノラ・ジョーズは、自ら「気まぐれなちっぽけな作品」と称するアルバム『ノラ・ジョーンズ(Come Away With Me -2002)』にてデビュー。非凡な新しい歌声を魅せ、世界現象とまでなったこのデビュー作は、2003年のグラミー賞を独占。サウンドスキャン史上10番目に売れた作品となった。それ以降、高い評価と商業的成功を収めたソロ・アルバム、『フィールス・ライク・ホーム(2004)』、『ノット・トゥ・レイト(2007)』、『ザ・フォール(2009)』、『リトル・ブロークン・ハーツ(2012)』の4作品を発表。『リトル・ブロークン・ハーツ』のプロデュースと共作をデンジャー・マウスが担当しているが、彼が2011年にクラシックなイタリアの映画を称賛して制作し、ジャック・ホワイトなどがフィーチャリングされたアルバム『ローマ』にノラ・ジョーンズは参加している。また、リトル・ウィリーズとしてカントリー・アルバムを、2013年にはグリーンデイのフロントマンであるビリー・ジョー・アームストロングとのコラボレーション作品『フォーエヴァリー』をリリースした。2010年にリリースしたコンピレーション作品『ノラの自由時間(…Featuring Norah Jones)』ではウィリー・ネルソン、アウトキャスト、ハービー・ハンコック、フーファイターズなど多様なアーティストとのコラボレーション楽曲を集め、素晴らしい歌声の持ち主であることを証明した。ノラは現在コーリー・チゼル・アンド・ザ・ワンダリング・サンズのAdriel Denaeのソロ・デビュー作のプロデュースを手掛けている。

●キャサリン・ポッパー/Catherine Popper(vocals, bass, acoustic guitar)
ノース・キャロライン出身のキャサリン・ポッパーはヘム、レヴォン・ヘルム、マイケル・スタイプ、カレン・エルソン、レット・ミラー、ジム・キャンピロンゴ、ピーター・ロワン、トニー・ライス、ノラ・ジョーンズ、マーク・オルソン、ケヴン・キニーなど様々なアーティストとパフォーマンスおよびレコーディングを行っている。2004年~2006年にはライアン・アダムス&ザ・カーディナルスのベース、ダブルベース、バックボーカルを担当。数々の楽曲の作曲を手掛けた。ポッパーは2009年にグレイス・ポッター&ザ・ノクターナルズのツアーと、2010年にビルボード・チャートで初登場20位を記録した彼らの5枚目となるアルバムに参加。2013年、ジョセフ・アーサーの『The Ballad of Boogie Christ』とマイク・ドーティの『Circles Super Bon Bon…』にも登場。ジャック・ホワイトの新作『ラザレット』に参加予定。

◆プスンブーツ・オフィシャルサイト
◆プスンブーツ・オフィシャルサイト(海外)
◆プスンブーツ・オフィシャルFacebook
◆プスンブーツ・オフィシャルTwitter
この記事をツイート

この記事の関連情報