ジューダス・プリースト、初の全米チャート・トップ10入り

twitterツイート

ジューダス・プリーストのニュー・アルバム『Redeemer Of Souls』が、全米チャート(Billboard 200)の6位に初登場した。デビューから40年、17枚目のスタジオ・アルバムにして初めてトップ10入りを果たした。

◆ジューダス・プリースト画像

本国UKでは『British Steel』(1980年/4位)、ライブ・アルバム『Unleashed In The East』(1970年/10位)の2枚がトップ10入りしているが、これまでUSAでの最高位は前作『Nostradamus』(2008年)の11位だった。『Redeemer Of Souls』はカナダでも5位にチャート・インしており、日曜日(7月20日)発表されるUKチャートでもハイスコアが予想されている。

ジューダス・プリーストのアルバムでは、チャート・ポジションは今作が最高位となるが、セールスの面では53週間チャート入りした『Screaming For Vengeance』(1982年)がこれまで全米で最も売れた作品になるという。『Screaming For Vengeance』は2001年にダブル・プラチナに認定されている。


Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon