デーモン・アルバーン、映画『ルーシー』EDテーマを書きおろし

twitterツイート

ブラーのデーモン・アルバーンが、8月29日(金)より公開となる映画『LUCY/ルーシー』のエンディングテーマ「SISTER RUST」を書き下ろしていることが明らかとなった。

◆映画『ルーシー』画像

映画『LUCY/ルーシー』は、『レオン』『ニキータ』『フィフス・エレメント』と、時代に先駆け儚くも力強い女性像を確立してきたリュック・ベッソン監督が、スカーレット・ヨハンソンと初タッグを組んだ作品だ。脳が100%へ向かって覚醒することで、人智を超えた能力を発揮するヒロイン・ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)が活躍するアクション・エンターテインメントで、ごく普通の生活を送っていたルーシーが人智を超えた能力に目覚めていくこの物語は、デーモン・アルバーンが作り上げた美しくメロディアスなバラードで幕を閉じることとなる。

デーモン・アルバーンはベッソンの作品について、「リュックの映画作りには独特なスタイルがある。僕にとってそれは特徴的な映画らしい楽曲を作るための手助けになったんだ」と語っている。

ベッソン作品のエンディングテーマは名曲揃いでも知られており、これまでも『レオン』のスティングの「Shape of my Heart」や、『ニキータ』のエリック・セラの「The dark side of time」など、世界から絶賛される楽曲が数々誕生している。ベッソン作品の楽曲を多く手がけているエリック・セラは本作でもスコアに参加し、映画の壮大な世界観をさらにスタイリッシュに引き立てている。

映画『LUCY/ルーシー』(全米公開:8月8日)
人類の脳は10%しか機能していない。100%に向かって覚醒した彼女は、破滅か、それとも、救いか。ごく普通の生活を送っていた女性ルーシーは、ある日マフィアの闇取引に巻き込まれてしまう。密輸のため、彼女は体内にある物質の入った袋を埋めこまれるが、体内で漏れ出すアクシデントによって、彼女の脳は突如覚醒し始めるのだった。「頭脳拡張20%」――驚異的なスピードで言語をマスターする。「頭脳拡張40%」――目に見えない電波をコントロールし始める。脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中、次々に人智を超えた能力を発揮するルーシー。しかし一方で、次第に人間性を失っていく彼女は自分自身でさえもコントロール不能な状態となって暴走していく。彼女の存在は人類を救うのか、それとも破滅へと導いてしまうのか。――やがてルーシーの脳は100%覚醒へと近づいていくのだった。

監督・脚本:リュック・ベッソン
出演:スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン 他
配給:東宝東和
(C)2014 Universal Pictures http://lucymovie.jp/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報