ジャーヴィス・コッカー、パルプ・カラオケ大会の審査員に

ツイート

ジャーヴィス・コッカーが、ファンがパルプの曲を歌うカラオケ大会の審査員を務めるそうだ。これは8月7日、NYで開かれるパルプのドキュメンタリー映画『PULP: A Film About Life, Death & Supermarkets』の上映会に併せて行われる。ジャーヴィスは舞台挨拶やQ&Aセッションに出席するだけでなく、ファンの歌声も聴きたいと望んでいるそうだ。

カラオケ大会への参加を希望する人は、8月4日までに#singforjarvisのハッシュタグで自己PRを@RooftopFilmsまでツィートして欲しいという。ジャーヴィスとドキュメンタリーの監督Florian Habichtの前でパルプの曲を歌い、見事優勝した人には“とてもスペシャルな賞品”が贈られるそうだ。
『PULP: A Film About Life, Death & Supermarkets』は、7月14日に英国でDVD/Blu-rayがリリースされた。


Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報