【写真・レポート】<TIF2014>2日目 アイドリング!!!菊地亜美が卒業発表「新たなステージに旅立ちたい」

twitterツイート

8月2日、3日にお台場で開催された<TOKYO IDOL FESTIVAL 2014>。両日とも晴天のもと、2日間で41282名の観客を動員し、合計138組のグループがイベントに登場した。

◆<TOKYO IDOL FESTIVAL 2014> 画像

本記事では、2日目のHOT STAGEの一部をダイジェストでお届けする。

   ◆   ◆   ◆


■でんぱ組.inc

2年ぶりのTIF出場となったでんぱ組.incは、サイリウムを持ちながらHOT STAGEに登場。「でんでんぱっしょん」、「キラキラチューン」、「ちゅるりちゅるりら」など、アグレッシブなステージでオーディエンスを魅了した。

■LinQ

この日LinQは「チャイムが終われば」、「ハジメマシテ」などを歌唱。MCでは、でんぱ組.incのプロデューサー・もふくちゃんを迎え制作したニューシングル「ウェッサイ!!ガッサイ!!」を9月24日にリリースすることを発表した。さらに、「もっともっといつかきっと」、「冒険」などを詰め込んだノンストップメドレーなど、完成度の高いステージ展開した。


■アイドリング!!!

TIFのメインステージを締めくくるのは、もちろんアイドリング!!!だ。久しぶりにメンバー全員が揃ったステージでは「シャウト!!!」や、派生ユニット、HIP♡ATTACK from アイドリング!!!による「黄金蟲」、さらには「サマーライオン」で観客を大いに沸かせた。

その後、ステージに突如登場した森本さやかアナウンサーの口から、11月24日にNHKホールで<アイドリング!!!14thライブ>が行われること、そのライブでメンバーの1人が卒業することが告げられると、メンバーとファンも困惑状態に。そしてステージ後方のモニターに「16号 菊地亜美 卒業!」の文字が映し出され、菊地亜美の卒業が発表された。

「私は17歳のときにアイドリング!!!に入って、約6年間居させていただいたんですけれども、本当にアイドリング!!!にお世話になって。スタッフさんにもメンバーにも、そしてファンの皆さんにも色んな、本当に皆さんが居なかったら今の私は無いと思うし……」「色々私も考えて、やっぱり6年間いたアイドリング!!!は卒業を決めるのも大変で。でも私はアイドリング!!!当初から、バラエティ番組で活躍できるっていうタレントさんになりたいっていう目標をずっと掲げてきて、私は今でも一瞬足りともその気持ちは変わっていなくて。なのでアイドリング!!!で学んだことをそのまま活かせるように、私は6年間のアイドリング!!!期間を終了して、これから新たなステージに旅立ちたいと思います」――菊地亜美

メンバーにも秘密の発表だっただけに、号泣したり呆然とするメンバーも見受けられたが、菊池は「あと3ヶ月あるからできれば明日に1回忘れてほしい。」「早いなって分かってるの自分でも!3ヶ月前って。」と、観客とメンバーを笑わせた。

■Grand Finale

グランドフィナーレ前半は、アイドリング!!!とDoll☆Elements、LinQ、ベイビーレイズ、AeLL.がコラボパフォーマンスを披露した。さらに、チーム・負けん気も登場し「無限、Fly High!!」でステージに彩りを添えた。ライブパート後は、ステージ上にアイドルたちが大集合。最後はアイドリング!!!の「職業:アイドル。」を全員で歌い、2014年のTIFに幕を下ろした。

◆   ◆   ◆

■ 写真インデックス
P2-5 でんぱ組.inc
P6-9 LinQ
P10-15 アイドリング!!!
P16-24 Grand Finale

■ <TIF2014>写真・レポ記事一覧
◆1日目 早朝のスマイレージから、チーム・負けん気、コラボステージへ
◆1日目開幕。HKT48 田中菜津美「さっしーだって彼氏いたじゃん!」
◆1日目 吉川友、X21×さんみゅ~らが彩る夕方・夜のSKY STAGE
◆1日目 プラニメ、BELLRING少女ハートらが魅せた熱いステージ
◆2日目 卒業生登場のさくら学院、灼熱と戦うアプガ、圧巻のPASSPO☆
◆2日目 アイドリング!!!菊地亜美が卒業発表「新たなステージに旅立ちたい」
◆2日目 東京女子流、SMILE GARDEN初の大トリ。そしてフィナーレ後アンコールまで

 ◆   ◆   ◆

◆<TOKYO IDOL FESTIVAL 2014> オフィシャルサイト
◆BARKS Kawaii
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス