大瀧詠一、はっぴいえんど含むベルウッド・レコード10作品が完全限定生産・重量盤LPとしてリリース

ツイート
ベルウッド・レコードが過去に生み出してきた作品群の中から、2013年12月に急逝した大滝詠一の『大瀧詠一』をはじめ、1972年リリース第一弾アーティストとなった、あがた森魚の「赤色エレジー」が収録された『乙女の儚夢』などを含む10タイトルが、当時のキングレコード社員のプロデューサーである三浦光紀氏監修のもと、12月10日に発売されることが決定した。

◆ベルウッド・レコード 画像

ベルウッド・レコードは、現在でも第一線で活躍するあがた森魚、細野晴臣、小室等など多くのアーティストを生み出してきたことで知られる初のメジャー系独立レーベルである。エレックやURCと並び“3大フォーク・レーベル”と呼ばれることも多いが、ベルウッドのレーベルカラーとしてはロック色が強く都会的な雰囲気、そしてどこか洋楽的な匂いも持ち合わせており当時としては洗練されたイメージのあるレーベルであった。

日本のフォーク・ロック黎明期を支え、後のJ-POP、ROCKの発展に大きな影響を与えてきたレーベルの息吹を改めて感じられる機会でもある。同作品群は完全限定生産となり、当時生まれた時の姿そのままに復刻、180グラムの重量盤としてしつらえられた希少価値の高いものになる。

【商品詳細】http://www.kingrecords.co.jp/bellwoodlp

【ラインナップ】
大瀧詠一「大瀧詠一」
大瀧詠一「アーリー大瀧詠一」
はっぴいえんど「HAPPY END」
はっぴいえんど「CITY/はっぴいえんどベスト・アルバム」
はっぴいえんど「ライブ!!はっぴいえんど」
はっぴいえんど「シングルス・はっぴいえんど」
あがた森魚「乙女の儚夢」
細野晴臣「HOSONO HOUSE」
はちみつぱい「センチメンタル通り」
高田 渡「ごあいさつ」

【定価】各¥3,600+税

◆商品詳細ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報