【対談】逹瑯(MUCC) × 川上洋平([Alexandros])、異種格闘技対談-Ring 番外編「アウェイ好きなバンドって強い」

ツイート

MUCCの逹瑯が、異なるジャンルのアーティストとトークを繰り広げるBARKS異種格闘技対談連載が『Ring2』だ。同コーナーは2009年9月の田村淳(ロンドンブーツ1号2号)対談を皮切りに、2012年8月の櫻井敦司(BUCK-TICK)まで、特別編を含めて全25回の熱戦を展開した。そして2014年8月。MUCCは、七ヶ月間連続で毎月異なる全6種類のツアーを各9公演ずつ行なうライヴプロジェクト<SIX NINE WARS –ぼくらの七ヶ月間戦争->を開催中であり、同プロジェクトは8月から、各公演ごとにビッグネームを迎えたツアー<Episode 6.「ARMAGEDDON」>へ突入している。それも音楽スタイルの異なる猛者ばかりの対バン形式だ。

◆逹瑯(MUCC) × 川上洋平([Alexandros]) 拡大画像

逹瑯とBARKSは、異種格闘技対談-Ringをここに復活。数々のビッグネームとの2マンツアー<Episode 6.「ARMAGEDDON」>出演アーティストをゲストに迎え、“番外編”として対談を連載掲載していく。その初回は8月6日、Zepp Nagoya公演出演の[Alexandros]ヴォーカル&ギター川上洋平だ。イベントを含めても、両者はこれまで対バン経験なし。同日のライヴ本番前、まさに「初めまして」の状態からトークセッションがスタートした。

■僕たちが所属している事務所にいることすら、異種格闘技というか
■というのも、僕、メロコア苦手なんですよ──川上洋平

──BARKSの人気連載でもあった、逹瑯の対談連載『Ring2』が『Ring 番外編』として久々に再開ということで。

逹瑯:うんうん。久しぶりだね。随分とご無沙汰しちゃったからね。『Ring 2』は異種格闘技対談連載だったこともあって、初めましての他ジャンルの人達から、憧れの人、友達でもある同期バンドの人、と、いろんな人達がゲストに来てくれて、いろんなこと話してた連載だってね。すごく楽しかったよね。

──そうだね。ミュージシャンという垣根まで飛び越えて、漫画家さんとかも来てもらったしね。

逹瑯:そう。今回久々に復活します。『Ring 番外編』。

──はい。ということで、この『Ring 番外編』は、3月11日のメンバープロデュースライヴツアーを<Episode1.>として始まった、『SIX NINE WARS~ぼくらの七ヶ月間戦争~』の最終章でもある<Episode6.「ARMAGEDDON」>の対バン相手と対談していこうというモノです。

逹瑯:最初のゲストは、「ARMAGEDDON」の初日の対バン相手でもある[Alexandros]のボーカルの川上くんです! どうもこんにちは。よろしくお願いします!

川上:こちらこそ、よろしくお願いします。はじめまして。

──はじめましてなの?

逹瑯:うん。

川上:はい。はじめましてです。

──ほほぉ。じゃぁ、今回の対バンが出逢いになる訳だね。

逹瑯:そうそう。ラストとなる<Episode6.「ARMAGEDDON」>では、とにかくいろんなバンドと対バンしたいねって話しになり、お世話になった人、すごく憧れている人、友達、会ったことないけど、一緒にライヴをやってみたいなって思える人達、っていういろんなバンドを上げていく中で、[Alexandros]の名前も上がっていて。きっと夏フェスとかで忙しいだろうけど、ダメもとでオファーしてみる?ってオファーさせてもらったら、まさかの即効OKで! マジっ!って。

川上:いやいやいや。こちらこそ、誘って頂いて嬉しかったです!

──異種格闘技って企画としてはすごく面白い試みなんだけど、相手のジャンルに引っ張られてしまう印象も強いから、躊躇される場合も多くて、なかなか成立しなかったりするモノでもあるからね。

川上:そうですね。でも、我々のバンドは、いわゆる“アウェイ戦”と言われているモノに出て行くのが好きなんですよ。もともと僕たちが所属している事務所もメロコアが多くて。そこに所属していることすらも、異種格闘技というか。というのも、僕、メロコア苦手なんですよ。

逹瑯:えっっ!?

川上:今の事務所に声をかけてもらって、デビュー出来ることになったとき、本当にいいのかな?って思ったんですけど、僕たち10年くらいずっと出来なかったんで、何処でもいいからとにかく、まずはデビューしたい!って感じだったんです。

逹瑯:へぇ~。っていうか、なんでメロコア嫌いなの?

川上:とにかく、昔は、あの“青春!”っていう感じがものすごく嫌いだったんです。

逹瑯:熱過ぎるわ! みたいな?

川上:そうですそうです。僕は、個人的にUKロックが好きなんで、ちょっとスカしてるくらいのほうがいいんですよ。熱く煽るんじゃなく、斜に構えて冷静に見てる感じが好きというか。こっちはそんなに熱くなってないんだけど、お客さんだけはめちゃめちゃ熱い!っていう。そういう感じに憧れていたんです。だから、すっごく熱く煽ったりするのがちょっと無理で……。ウォイ! ウォイ! っていうの、嫌いなんですよ……。

──あ、じゃぁMUCC無理かな。

川上:いやいやいや(笑)。

逹瑯:あぁ、まぁね、メロコアは熱いからね。解らないことはないけども。

川上:でも、先輩たちと一緒にライヴさせてもらったり、いろんなメロコアのバンドさんと対バンしたりしてお話させて頂くようになって、だんだん印象も変わってきて、あげくに自分達も熱くなってきちゃって(笑)。

逹瑯:なんかさ、イメージで好き嫌いを決めるって良くないよね。いや、俺も昔はそうだったからさ。“こういうバンドって、こうだろうな”とか“こういうイメージのバンドの音は、きっとこうなんだろうな”って、自分の中で決めつけちゃいがちだと思うのね、若いときって。それって、すごく損してる気がするというか。それってすごく危険でさ。俺も若い頃そうだったもん。ヴィジュアル系っていうシーンが廃れて来て、メロコアの人気がグイグイ上がってきたとき、当時のいわゆるパンク系の音って好きじゃなかったもん。特に青春パンクって嫌いだったからね。でも、メンバーと話してみると、みんなすっげぇいいヤツで、すっげぇちゃんと考えて音楽やってて、真面目で。そういう人間性を知っちゃうと、音を嫌いって言えなくなるというか。

川上:解ります解ります! 

逹瑯:ね。人を好きになったら音も好きになっちゃうよね。

川上:ですね。僕も一緒にツアーとかまわらせてもらって、ステージの袖からライヴを見せてもらったりしてたら、だんだん好きになってきちゃって。だんだん僕も煽るようになってきちゃったんです。

逹瑯:解る。またメロコアの奴らっていいヤツ多いからね(笑)。

川上:そうなんですよ。だから、昔そこに対して抱いてた印象はなくなったというか。払拭されましたね。それもあって、最近では、斜に構えるのがカッコイイと思ってやっていた結成当初の[Alexandros]像っていうモノと今とでは、随分変わってきちゃいましたね(笑)。

逹瑯:あははは。解る解る。

川上:自分達的に、好きな音楽性はそんなに大きくは変わってないんですけどね、熱さというか、そういうところは変わってきましたね。感化されちゃったというか。

逹瑯:うんうん。ライヴもキャラクターも本当にいいからね。でも、何回ライヴ観ても、TOTALFATのShunくんのMCは熱過ぎるなって。いっつも思うもん、“いやいや、ShunくんMC熱過ぎるよ~”って(笑)。

川上:あははは。事務所同じになっちゃいましたけどね、今(笑)。

逹瑯:そっかそっか。もぉさあ、思わず、“ねぇねぇ、Shunくんそれ本音!?”って突っ込みたくなっちゃうっていう(笑)。でも、あれ、本音なんだもんなぁ~。

川上:Shunさんは本音ですね。純粋なんですよ。すごいなって思います。

逹瑯:ね。純粋だよね。

川上:そのMCに合わせてKubotyがアルペジオ弾いちゃうとことか、いいですよね!

──あははは。すごい好きになってる(笑)。

川上:そうなんですよ(笑)。

逹瑯:またTOTALFATってさ、熱いShunくんが居て、ちょっと斜に構えてるJoseくんが居てっていうバランスがすっごくいいんだろうね。すごくバンドのキャラクターが立ってるもんね。

川上:そうですね。すごく良いバンドバンドだなぁって思います。

逹瑯:でも、一歩そこ(メロコア)の世界に入り込むまでは、斜に構えてるほうがカッコいいって思うよね。俺もそう思ってたもん。

川上:そうなんですそうなんです。ちょっとクールぶってる方がカッコイイじゃん!って思いますよね。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報