スティーヴィー・ニックス、ショールのデザインを一般公募

ツイート

フリートウッド・マックのスティーヴィー・ニックスが、彼女のトレードマークであるショールのデザインを一般公募している。

◆スティーヴィー・ニックス画像

すでにできあがっているものでもデザイン画でも応募できるという。ベスト・デザインに選ばれた人には、2,000ドル(ショールを完成させるための費用も含まれる)、および(ポートフォリオに加えるのに最適な)プロのフォトグラファーが撮影したスティーヴィーがそのショールを着用する写真が贈られるそうだ。

スティーヴィーは、ショールへの思い入れをこう語る。「1968年、すごくハンサムな男の子が、南米からポンチョを買ってきてくれたの。素敵、いつかシフォンや革、ビーズ付きの素材でコピーしようって思ったわ。ポンチョや長いショールを着けると、ステージの上で際立つ何かが得られることに気づいた。大きなムーブメント、大きな回転、遠くからでも見えなきゃならないでしょ。だから、それをステージ・コスチュームの1つにすることにしたの。完全に私のファッション・スタイルになったわ」

応募の締め切りは9月22日。10月14日にステーヴィーにより選ばれたベスト・デザインが発表される。またFacebook、Twitterで一般投票(9月22~29日)も行われ、その“コミュニティ・チョイス”で1位に選ばれた人には500ドルが贈られるそうだ。詳しくは、Talenthouse.comまで。

スティーヴィー・ニックスは10月7日、8枚目のソロ・アルバムとなる『24 Karat Gold: Songs from the Vault』をリリースする。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報