【イベントレポート】PIERROT、フィルムギグに“BEST OF PIERROT”

twitterツイート

<PIERROT FILM GIG 2014―Dictator’s history>と題し、復活公演が迫るPIERROTのフィルムギグが開催された。8月16日および17日の2日間にわたって品川ステラボールで行われた同ギグは事前告知されていた通り、貴重な未発表ライヴ映像満載、彼らの過去を遡る内容となっていた。

◆<PIERROT FILM GIG 2014 -Dictators’history->トレーラー映像

映像は楽屋の通路からステージへと向かい気合い入れをする5人の姿に始まり、オープニングから臨場感たっぷり。今から約10年前、2005年の5月にさいたまスーパーアリーナで演奏された「ハルカ…」、「Smily Skelton」(DVDとは編集違い)の映像が映し出される。そして、時代はインディーズ時代に飛び、1997年から1998年に行なわれた新宿パワーステーション、赤坂BLITZ、中野サンプラザで演奏された「脳内モルヒネ」のダイジェスト映像が。

集結したファンの中には当時のPIERROTを目撃した人もいるだろうが、衣装やメイク、パフォーマンスも含めて超レアなシーンの連続だ。インディーズラストライヴとなった中野サンプラザ<Dictators Circus Ⅲ>からは「満月に照らされた最後の言葉」がセレクトされ、1万3000人を動員して1999年7月に富士急ハイランド・コニファーフォレストで行なわれた<Ditctators Cicus- Birth of New Born Baby ->の未発表映像は開放的な野外ライヴにして、遺跡のような重厚なセットがいかにもPIERROT。初期のライヴに欠かせなかった「Adolf」の異様な一体感が空の下で繰り広げられるなど、これも貴重なテイクで、富士急のライヴからはAパターンとBパターン(一部内容が異なる2種類のフィルムが上映された)合わせて計5曲が上映された。

そして、これは未発表ではないのだが、2000年の西武ドームでの「AGITATOR」の気迫に満ちあふれた演奏(特に後奏が凄い)はPIERROTがデビュー当初からいかに実力のあるバンドだったかを物語る。<THE GENOME CONTROL>の新宿アルタ前ゲリラライヴを含むダイジェスト映像や、同じ事務所のバンドが集結する恒例のイベント<SWEET TRANCE 2000>でのキリトの鬼気迫るボーカルとパフォーマンス、2004年の5月に渋谷のクアトロで行なわれた<MEN’S ONLY SHOWCASE“ SKUL ARMAMENT>でのぐちゃぐちゃになって盛り上がる映像など、見所が満載だ。

ドラムを叩くTAKEOの横に行ってカメラに向かい無邪気な笑顔を見せる潤や、キリトとアイジの濃厚な絡みなどレアなシーンには場内から歓声が上がり、キリト兄に煽られてのKOHTAのベースソロが大フィーチャーされる場面も。インディーズ時代からライヴで演奏され続けてきた「蜘蛛の意図」や「HUMAN GATE」はさまざまな時期の映像のダイジェストというスタイルでフィルムギグ仕様ヴァージョンとして初披露された。

Aパターン、Bパターンと5曲違いで放映された今回の映像には、すでにDVD化してほしいという声も数多くあがっているとのこと。その締めくくりは復活を発表した日に新宿アルタ前のビジョンで流されたPIERROTラストシングル「HELLO」の2014年ヴァージョンだった。倒れたままのマイクスタンドをキリトと思われる人物(下半身だけが映る)が再び、手にするところで約1時間40分のフィルムギグが終了、場内からは拍手がわき起こった。

なお、今回のフィルムギグのディレクターによると<Dictators Circus>の歴史を総括したものであると同時に“BEST OF PIERROT”な内容を目指したとのこと。PIERROTがいかにタフなライヴバンドであったか、そのアクティヴなステージを映像に集約することをはじめ、複雑なアンサンブルが示す卓越した演奏力と狂気を含む唯一無二のパフォーマンス、そのコントラストを映像で伝えたかったということだ。

そしてキリトは自身のブログ『日刊思考回路』で、この夏、こう記している。

「僕も今年PIERROTを再びやりますが、真っ正面から過去と向き合えるのは、現在を真剣に生きている自信があるからです。現在を大切にできているから、過去とも向き合えるんだと思います。辛かったり悲しかったりしたはずの過去も、止まらず真剣に進んで、堂々と自慢できる現在を重ねていけば、素敵だと思える過去となって、向き合えばそれは未来に繋がるんだと思います」──キリト

過去と向き合い、現在と向き合い、2ヶ月後、5人はさいたまスーパーアリーナのステージに立つ。

取材・文◎山本弘子


■PIERROT<DICTATORS CIRCUS FINAL>
さいたまスーパーアリーナ
2014 年10 月24 日(金) -I SAID「HELLO」- OPEN17:30 START18:30
2014 年10 月25 日(土) -BIRTHDAY- OPEN15:00 START16:00
全席指定 \9500(税込)
チケット一般発売:8/23(土)10:00〜
[問]DISK GARAGE 050-5533-0888

◆PIERROT BARKS内特集ページ
◆PIERROT 特設サイト
◆PIERROT オフィシャルYouTubeチャンネル
◆PIERROT オフィシャルTwitter
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報