【イベントレポート】さんみゅ~、防災は日頃の意識から!「ソナえあればウレいナンシー」

ツイート

8月26日(火)ニッポン放送イマジンスタジオにて、防災についての意識と関心を高めてもらう大型キャンペーン「ラジオで安心 みんなの防災2014」キャンペーンの番組出演者発表記者会見が行われ、さんみゅ~が、トレードマークの純白を脱ぎ捨て『21世紀最初の防災アイドル』と就任の挨拶を行った。

◆さんみゅ~画像

さんみゅ~は、1983年にリリースされた早見優の大ヒットソング「夏色のナンシー」をフレッシュにリニューアルさせた替え歌「ソナえあればウレいナンシー」をレコーディングしたこともあわせて発表となった。

会見では、「普段から災害に備えていることは何か」という質問に、さんみゅ~の木下綾菜は「普段から家では玄関に防災セットを用意していて、大掃除の時などは、電池が切れてないかとか、食材の賞味期限が切れてないかいつもチェックしてます。まさに“ソナえあればウレいナンシー”ですね」と、笑いを誘った。替え歌に関してはレコーディングの10秒前までラジオ局のスタッフと、作詞家がギリギリまで言葉選びが行われたらしく「事前に歌詞は頂いていたんですけど、歌う直前に歌詞が変わって、一緒にタイトルが決まったんです。どこが変わったのかなって思ったら、何とサビだったのででビックリしました」とリーダーの西園みすずがエピソードを語った。

「ソナいあればウレいナンシー」はサビで<油断するのが いちばんダメよ 肝に銘じてね>と日頃の生活からの防災意識を高めるよう呼びかけている歌詞が印象的だ。

記者会見には、今回のキャンペーン特番のメインパーソナリティーの関根勤が登場、Kと挙式をあげた関根麻里に触れ「結婚に関して私がいろいろ条件を出したという報道がありますが、全部ガセですから。それを否定するため今日は防災意識を持ってここに来ました」と、会場を笑いの渦に。結婚した関根麻里へは「明るく元気にやってくれれば問題ないです。防災意識を持ってね。」と新生活へのエールを送った。

フォトセッションでは、さんみゅ~は手でハートとKを表現し、二人の幸せの門出を祝っていた。

「ラジオで安心 みんなの防災2014」キャンペーンは9月1日(月)~9月6日(土)にわたって展開され、その集大成として9月6日(土)11:00~17:00の6時間にわたって亀戸サンストリートで公開生放送による特別番組が放送される。そこではさんみゅ~も「ソナいあればウレいナンシー」を初披露する予定だ。

ニッポン放送「ラジオで安心 みんなの防災2014」キャンペーン
2014年9月1日(月)~6日(土)
公開放送日:2014年9月6日(土)11:00~17:00
@サンストリート亀戸(東京都江東区)
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報