カシオからオーケストラと共演している気分を楽しめる電子ピアノ「Privia PX-860/760」「CELVIANO AP-460/260」

ツイート

▲Privia PX-860BK ブラックウッド調

カシオ計算機は、電子ピアノ「Privia(プリヴィア)PX-860/760」「CELVIANO(セルヴィアーノ)AP-460/260」の4機種を、8月29日より順次発売する。

「Privia」「CELVIANO」の新モデルが、収録したオーケストラの生演奏をバックに演奏することで、まるで共演しているような気分を楽しめるコンサートプレイ機能を搭載して登場した。

スタイリッシュな小型・軽量ボディの「Privia PX-860/760」、格調高いキャビネットスタイルを採用した「CELVIANO AP-460/260」は、オーケストラとピアノの壮大な生演奏を、高音質なオーディオデータで収録。収録されたオーケストラの演奏をバックにピアノを演奏することで、憧れのソリストの気分に浸れるコンサートプレイは、電子ピアノならではの演奏スタイル。従来のレッスン機能に加え、オーケストラとの共演を楽しめる機能で幅広い層のユーザーに楽しめるモデルとなっている。

また、「Privia PX-860」「CELVIANO AP-460」は、世界の有名なコンサートホールの響きのイメージをデジタル技術でシミュレートした4種類の“ホールシミュレーター”も搭載。アムステルダムの教会、ベルリンにあるワインヤード型クラシックコンサートホール、パリのゴシック建築大聖堂、一般的なコンサートホールなど、ホールごとに異なる音響特性を仮想体験しながら、ピアノ演奏が行える。また、好評の天板開閉構造も継承。音響変化や音の広がりを感じながら演奏を楽しめる。


▲PX-860BK ホワイトウッド調(左)、PX-760WE ホワイトウッド調(右)


▲AP-460BK ブラックウッド調(左)、AP-260BN オークウッド調(右)

4機種ともに、ピアノ音の豊かな響きや繊細な余韻を再現する“マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR(エアー)音源”を搭載し、音の時間的な変化や弦共鳴をデジタル技術で再現。鍵盤は打鍵の強弱だけでなく発音タイミングまでも再現でき、優れた演奏性を発揮する。

鍵盤はいずれも3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤II。3つのセンサーで鍵盤の打鍵の強弱を感知し、グランドピアノ独特の発音タイミングまでも再現。鍵盤を戻しきらなくても連続して同じ音を出すことができ、優れた演奏性を実現している。バネを一切使わずにハンマーの自重のみを使った構造で、低音域ほど重く、高音域ほど軽くなる本格的な弾き心地となっている。

◆PX-860
カラー:ブラックウッド調、ホワイトウッド調
価格:オープン
発売日:2014年10月16日
◆PX-760
カラー:ブラックウッド調、ホワイトウッド調、オークウッド調
価格:オープン
発売日:2014年8月29日
◆AP-460
カラー:ブラックウッド調、ホワイトウッド調、オークウッド調
価格:オープン
発売日:2014年9月18日
◆AP-260
カラー:オークウッド調
価格:オープン
発売日:2014年9月18日

◆Privia PX-860 製品詳細ページ
◆Privia PX-760 製品詳細ページ
◆CELVIANO AP-460 製品詳細ページ
◆CELVIANO AP-260 製品詳細ページ
◆カシオ計算機
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報