【対談】逹瑯(MUCC) × yukihiro (geek sleep sheep)、異種格闘技対談-Ring 番外編「SATOちに美意識がないんです!」

ツイート

MUCCの逹瑯が、異なるジャンルのアーティストとトークを繰り広げるBARKS異種格闘技対談連載が『Ring2』だ。同コーナーは2009年9月の田村淳(ロンドンブーツ1号2号)対談を皮切りに、2012年8月の櫻井敦司(BUCK-TICK)まで、特別編を含めて全25回の熱戦を展開した。そして2014年8月。MUCCは、七ヶ月間連続で毎月異なる全6種類のツアーを各9公演ずつ行なうライヴプロジェクト<SIX NINE WARS –ぼくらの七ヶ月間戦争->を開催中であり、同プロジェクトは8月から、各公演ごとにビッグネームを迎えたツアー<Episode 6.「ARMAGEDDON」>へ突入している。それも音楽スタイルの異なる猛者ばかりとの対バン形式だ。

◆逹瑯(MUCC) × yukihiro (geek sleep sheep) 拡大画像

逹瑯とBARKSは、異種格闘技対談-Ringをここに復活。数々のビッグネームとのツーマンツアー<Episode 6.「ARMAGEDDON」>出演アーティストをゲストに迎え、“番外編”として対談を連続掲載していく。今回は、<Episode6. 「ARMAGEDDON」>の文字通り最終決戦となるお相手、geek sleep sheepからyukihiroを迎えた。所属事務所の先輩後輩であり、MUCCのナンバー「幻燈讃歌」の編曲をyukihiroが手掛けるなど、両者の間には音楽的なつながりも深い。バンドのこと、ドラムのこと、ドアラのこと、話題が尽きぬトークセッションをお届けする。

■yukihiroさんのバックで叩くドラマーの
■プレッシャーったらないよね──逹瑯

──最終章となる<Episode6.『ARMAGEDDON』>を締めくくってくださるゲストは、geek sleep sheepのyukihiroさんです!

逹瑯:はい。よろしくお願いします!

yukihiro:締めくくり(驚)! よろしくお願いします。

逹瑯:yukihiroさんは、L’Arc~en~Cielのドラマー以外にもacid androidのヴォーカリスト、geek sleep sheepのドラマーとして活動されているわけですけど、L’Arc~en~Cielとgeek sleep sheepとでは、やっぱり同じドラマーとしても感覚が違うんですか?

yukihiro:ドラムセットが違うし、geek sleep sheepには打ち込みがないから、モニターもイヤモニを使わないので、違うよ。

逹瑯:あぁ~なるほど。そういうことか。敢えて変えてるんですか? ドラムセット。

yukihiro:ドラムセットはgeek sleep sheepを始める前から小回りがきくようなドラムセットを用意しておきたいなと思っていたのと、geek sleep sheepが始まったのと、タイミングが重なったって感じだったんだよ。

逹瑯:やっぱりコンパクトな方が叩きやすいんですか?

yukihiro:う~ん、久しぶりに3点セットにしたら、プレイ面では見つめ直すことが多かったね。

逹瑯:俺、今でもたまに思い出しておかしくなっちゃうのが、昔、kenさんが、L’Arc~en~Cielの何かの曲で、プリプロ段階で仮のラフなギターを入れてたとき、ちょっとギターがよれちゃってたんですって。kenさん的に、そこがずっと気になっていたんだけど、yukihiroさんがすごくストイックに向き合っていて、そこの部分に差し掛かると、どうしても合わなくて止まっちゃって、何度も何度もやり直してて、毎回スティックを投げて悩んでたから、自分のギターがよれてるってことをどうしても言い出せなくなっちゃったんだよね……って言ってたのを思い出して。

yukihiro:(笑)。

逹瑯:そのときのkenさんを想像するとすっごくおかしくて(笑)。と同時に、やっぱりyukihiroさんてすごくストイックなんだぁって思ったっていうか。yukihiroさんって、バンドを始めた頃からドラムだったんですか?

yukihiro:中学校の2年生の頃にバンドブームがきて、高校に入った頃に何か楽器がやりたいなと思って。それで、最初はギターなんだろうなって思って楽器屋さんに行ったら、ドラムになっちゃったんだよね。

逹瑯:あははは(爆笑)! 楽器屋に行ってドラムになっちゃったんですか!?

yukihiro:楽器屋に行ってドラム見たらカッコ良くて、そこでドラムを買っちゃったんだよね。

逹瑯:適性があるかどうかもわからずに!?

yukihiro:(笑)。ちょっとはドラムのことも調べてはいたけどね。

逹瑯:でも、いきなり買っちゃったんですよね!? 高校生の頃、SATOちん家に遊びに行ったとき、カンカン(缶)に雑誌がいっぱい貼付けてあったんですよね。

yukihiro:多分、普通はそういうところから始まるよね。だけど、僕は買っちゃったんだよね。

──衝動とはいえ、なんか導かれた感じがしますよね。

逹瑯:たしかにね、いきなり買っちゃうってあんまりないもんね。でも、置く場所とかあったんですか?

yukihiro:四畳半くらいの部屋が一部屋空いてたから、そこに組んで置いてた。

逹瑯:そこで叩いてたんですか!?

yukihiro:うん。

逹瑯:近所迷惑もなくですか?

yukihiro:ううん。近所迷惑すごいかけてたよ(笑)。市役所の人が家に来て、“ご近所から苦情が出てます”って。

逹瑯:へぇ~。で、どうしたんですか?

yukihiro:そこから近所の人と話し合って、ここからここまでの時間帯だったら叩いてもいいよっていう承諾をもらって。

逹瑯:え!? マジですか!? 時間決めたら叩いていいよってことになったんですか!? ドラムって結構な騒音じゃないですか。近所の娘さんがピアノ弾いてるってレベルじゃないですもんね。ピアノだフルートだバイオリンだっていうメロディーを奏でる楽器でもないし、それだったらまだそこまでの騒音ではないだろうけど、ロックドラムって、相当な騒音でしょうからね。

yukihiro:最初のうちは下手だろうしね。確実に騒音でしかないよね(笑)。

逹瑯:そこからずっとドラムで、acid androidを始めるとき、いきなり次は歌をやろう!ってとこから始まったんですか?

yukihiro:ずっと打込みをやってて、いつか形にするときはヴォーカルを探そうと思ってたんだけど、探すより、自分で歌っちゃったほうが早いなって思って、自分で歌ってみたんだよね。

逹瑯:そうだったんですね! でも、yukihiroさんのバックで叩くドラマーのプレッシャーったらないよね。

──そうだよね、たしかに。

yukihiro:どうなんだろうね(笑)。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報