オフィスオーガスタ、次代を牽引するオーギュメントレコード発足

ツイート

オフィスオーガスタが新たにプロダクションレーベル「Augument Records(オーギュメントレコード)」を発足させる。第一弾作品はオフィスオーガスタが5年ぶりの新人として送り出すシンガーソングライター、浜端ヨウヘイの11月5日発売のデビューシングル「結-yui-」だ。

オーギュメントレコードは、アーティスト・プロダクション直営レーベルならではのフットワークの軽さを最大の武器とし、「作品の即時配信」「ライブ音源の当該会場オーディエンス限定販売CD」「ライブ会場または地域限定販売CD」といった既存のメジャーレーベルでは難しかったことも積極的に展開していくという。

ユーザーとアーティストのニーズに沿ったより自由な販売形態を実現させ、アーティストのより自由な活動を促し、リスナーとアーティストとレーベルがより近づく音楽環境づくりを目的として設立されたものだ。

プロモーションはオフィスオーガスタ内での専任プロモーターに加え、各地イベンター、プロモーターの協力のもと、よりアーティストと作品に寄り添ったアプローチを展開していくという。販売はエイベックス・ミュージック・クリエイティブ株式会社が受託し、全国のCDショップや通販サイトへの流通のみならず、ライブ会場での即売や、アーティストの手売りまで、きめ細かい販売方法にもフレキシブルに対応していく。

浜端ヨウヘイは新レーベル第一弾アーティストとしての意気込みをこう語っている。

「第一弾アーティストとして大変光栄に感じているとともに、新人なのにこんな大役を背負わされてプレッシャーも半端ないです。僕はとにかくライブが大好きなので、ライブの音源を来場のお客さんだけに届ける企画は将来是非やってみたい。絶対にお客さんに喜んでもらえるはずです。発表したい曲も既にたくさんある。例えば地名がタイトルの曲もあるし、よく行く焼き鳥屋さんのテーマ曲なんかもあるんですよ。聴いてほしいお客さんに聴いてほしいタイミングで音楽を届けることができるということは、僕のようなシンガーソングライターにとって、とてもうれしい環境です」。

浜端ヨウヘイの11月5日発売のデビューシングル「結-yui-」は、オーガスタの先輩である山崎まさよしの全面サポートを受けて完成したようだ。オフィスオーガスタブランドらしい珠玉のアコースティックPOPSに仕上がっているという。

◆Augument Recordsオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報