タイ・バンコクにLoVendoЯ登場。「ハリウッドスターになった気分だった!」

ツイート

タイの首都・バンコクにて、日本のポップカルチャーのフェスティバル<Japan Festa in Bangkok2014>が開催。現地時間8月30日と31日には、大型ショッピングセンターであるCENTRAL WORLD SQUARE前の野外特設ライブステージに、安倍なつみとLoVendoЯが登場した。

◆LoVendoЯ<Japan Festa in Bangkok2014>画像

オフィシャルのレポートから、LoVendoЯのステージの様子をお届けしよう。

  ◆  ◆  ◆

30日のメインステージは、11時より、華々しいオープニングセレモニーからスタートし、地元大学生によるカルチャーパフォーマンスや、名物企画でもある、コスプレ大会「コスプレ・オブ・ザ・イヤー2014」に 数多くの日本のアニメやアイドル衣装をまとった出演者で賑わった。

LoVendoЯの出演直前のコーナーでは「Cover Dance Performance “ Hello ! Project”」と題し、手作りの衣装で、ハロプロ内のLIVE音源にのり、本家を彷彿する程の完成度でのパフォーマンスが繰り広げられるなど、タイでも熱狂的なファンが存在することがうかがえた。

そしてMCから「 LoVendoЯ!」と盛大に呼びこまれ、メンバーがステージへ登場。会場から割れんばかりの歓声を受け、「この世に真実の愛があるなら」でライブはスタート。この日、LoVendoЯは、オープニングを飾った「この世に真実の愛が一つだけあるなら」のほかに、11月にリリースが決定している「イクジナシ」や、4月に発売されたアルバムから「不器用」など、計8曲を披露した。

さらにメンバーは、この日のために覚えたタイ語で自己紹介。それぞれが、タイへのファンの方への感謝を込めてメッセージを伝えると、大きな声援が沸き起こった。また、スペシャルコラボということで、バンコクのカバーダンスチームと、田中れいなのモーニング娘。時代の楽曲「SEXY BOY~そよ風に寄り添って~」が披露された。カバーダンスチームは、田中がモーニング娘。在籍時の衣装などを身にまとい、ステージが壊れるかと思うほどの、盛り上がりを見せた。

途中、主催者からの歓迎の意を込めての花束贈呈もあり、メンバーは、短い時間のステージではあったものの、感謝の気持ちいっぱいでステージを終えた。

「すごく楽しかった! またタイに来る機会があれば、まだまだ披露していないLoVendoЯの曲や、コラボ企画ももっとやってみたい!」── 田中れいな

「挨拶で、ちょっとしたタイ語を覚えて、それが伝わったのがとても嬉しいかった!」── 岡田万里奈

「とても盛り上がってくれて嬉しかった! 私たちのことを待っていてくれたんだなぁと、ステージの上で感じました!」── 魚住有希

「ハリウッドスターになった気分だった! 客席からの歓声で、私達もすごくテンションが上がりました!」── 宮澤茉凛

なお、現地の人の中には、田中れいなは知っていたが、今回のイベントを通してLoVendoЯを初めて知ったという人も。

「もともとモーニング娘。の時の田中れいなさんが大好きで、今日は初めてパフォーマンスを見れて、感動しました。とても盛り上がり、今回のライブは短くて残念でしたが、また来てほしいです。」── 22才女性

「何も知らずに、初めて見ました。男の僕から見てもかっこいいと思います。特にギタリストのふたり。彼女たちのファンが一生懸命声を出して、会場はとても盛り上がりましたね。」── 26歳男性

「田中さんのことは前から知っていましたが、LoVendoЯとしてのライブのために今日来場しました。友達からMVを見せてもらい、LoVendoЯに興味をもちはじめました。いつかタイでフルライブをやって欲しいです。」── 24才女性

「前から田中れいなさんを知っていましたが、LoVendoЯとしては今回初めて見ました。皆さんルックスはもちろん、才能も持っていますね。ガールバンドとしてはとても個性的で大好きです。これからもオリジナル曲をいっぱい出してください。今回は短くて残念でしたが、また今度タイでライブをやってください。応援しています。」── 28才男性

LoVendoЯは、2013年には、アメリカ・サンフランシスコで開催された<J-POP SUMMIT FESTIVAL>に出演。今回、2度目の海外進出となったが、タイでの大きな反響もまた、彼女たちにとって大きな経験と財産になったはずだ。



◆【関連】安倍なつみ、タイ・バンコクに登場。現地カバーダンサーとモーニング娘。メドレーも
◆BARKS Kawaii
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス