【対談】逹瑯(MUCC) × 櫻井敦司(BUCK-TICK)、異種格闘技対談-Ring 番外編「歯がなくなるまで噛み付こうと思います」

twitterツイート

MUCCの逹瑯が、異なるジャンルのアーティストとトークを繰り広げるBARKS異種格闘技対談連載が『Ring2』だ。同コーナーは2009年9月の田村淳(ロンドンブーツ1号2号)対談を皮切りに、2012年8月の櫻井敦司(BUCK-TICK)まで、特別編を含めて全25回の熱戦を展開した。そして2014年3月より、MUCCは七ヶ月間連続で毎月異なる全6種類のツアーを各9公演ずつ行なうライヴプロジェクト<SIX NINE WARS –ぼくらの七ヶ月間戦争->を開催しており、その8月は各公演ごとにビッグネームを迎えたツアー<Episode 6.「ARMAGEDDON」>が繰り広げられた。それも音楽スタイルの異なる猛者ばかりとの対バン形式だ。

◆逹瑯(MUCC) ×櫻井敦司(BUCK-TICK) 拡大画像

逹瑯とBARKSは、異種格闘技対談-Ringをここに復活。数々のビッグネームとのツーマンツアー<Episode 6.「ARMAGEDDON」>出演アーティストをゲストに迎え、“番外編”として対談を連続掲載する。今回は、BUCK-TICKのヴォーカリスト櫻井敦司との対談再び。永遠の憧れであり、ヴォーカリスト逹瑯の原点である櫻井敦司にステージ直前、“少年逹瑯”が噛みついた!?

■この素敵な未来をその頃に知ってしまったら、俺、頑張らなかったかも
■“将来BUCK-TICKと対バン出来るようになるんだぜ!”って粋がって──逹瑯

──今回はBUCK-TICKのヴォーカルの櫻井敦司さんにお越しいただきました!

逹瑯:すみません! ツアー中のお忙しい中、今回対バンをお引き受けいただいて。本当にありがとうございます!

櫻井:いえいえいえ。こちらこそ、呼んでいただけて光栄です。そして、やはり僕らのデビュー25周年のときに、MUCCには炎天下の中、颯爽と盛り上げていただけたのでとても感謝していて。それもあって、なんらかしらの形でいつかお返しが出来ればと思っていたので本当に良かったです。

逹瑯:ありがとうございます。

──今回、逹瑯くんが、BUCK-TICKさんより後にステージを踏むということを、どれだけプレッシャーに感じていることか。

櫻井:うん、本当に。他のメンバーが、“おい、これどういうことだよ!”って気分を害してすごく怒っていたので、僕が“まぁまぁまぁまぁ”となだめておきました(笑)。

逹瑯:ホントに、そこですよ! 本当に申し訳ありません!

櫻井:あははは。いやいやいや、冗談ですけどね(笑)。

──(笑)。逹瑯さん、どうですか? BUCK-TICKさんの後にステージをやるご気分は?

逹瑯:いや、もうね、なんとも言えない気持ちですよ、これ。本当に(緊張)。これまで、25周年のときのフェスと、福岡の2マンとご一緒させていただいて、自分の精一杯で頑張ったし、一生懸命噛み付こう噛み付こうって頑張ったんですけど、やっぱり全然噛み付けなかったんですよ。

櫻井:いえいえいえ。何をおっしゃいます。

逹瑯:いや、本当に。どうにもこうにもで……なので、今回も勝てるわけがないから、とにかく噛み付くだけでも噛み付こうと思ってリハ頑張って。よし、なんとか今日は噛み付くくらいは出来そうだぞ!ってくらいのテンションまで持っていったんですよ。

櫻井:おっ。素晴しいじゃないですか。嬉しいです。

逹瑯:いや。それがですね……いざ、BUCK-TICKさんのリハーサルが始まって、観に行ったら、メンバーさんがMUCCのツアーTシャツを着てくれていて。うわっ!って思っちゃったんですよ! しかも今回のツアーTシャツの胸んとこに描いてある“ARMAGEDDON”っていうロゴって、俺が殴り描きで描いた文字なんですね。

櫻井:あ、そうなんだね。

逹瑯:そうなんですよ(恐縮)。それをですね、BUCK-TICKのメンバーが着てくれてるって思ったら、もぉ。もぉ、もぉ、もぉ、噛みつけねぇな、今日も……って気分になっちゃって………。嬉し過ぎて、闘う力を失っている今、現在って感じです。

櫻井:あははは。でも、すごい素敵なTシャツですよね。

逹瑯:うわっ。そんな……ありがとうございます! この状況をですね、高校生だった俺に、あの頃に戻って教えてやりたいですもん!

櫻井:あはははは。

逹瑯:あ、でも、この素敵な未来をその頃に知ってしまったら、俺、頑張らなかったかもね。“俺、将来BUCK-TICKと対バン出来るようになるんだぜ!”って粋がって、みんなに言いふらして自慢して、頑張れなかったかもしんないね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報