Goose house、ツアーファイナルで新曲「光るなら」初披露

ツイート

Goose houseが9月15日に東京国際フォーラムにてツアーファイナル公演をおこない、11月19日にリリースする新曲「光るなら」を初披露した。

◆Goose house 画像

YouTubeチャンネル登録者数が100万人を超え、ネットでの浸透が目覚ましいGoose house。全国5カ所をまわったツアーのファイナル公演となる東京国際フォーラムにはたくさんの観客が詰めかけた。

ライブはアップテンポなナンバー「今、走れ!」からスタート。集まった約1500人がスタートからオールスタンディングになると、MCでは彼ららしい軽快なトークで観客を飽きさせず、演奏ではカバー曲を織り交ぜるなど、バラエティに富んだステージングで大きな盛り上がりをみせた。

ライブ後半では、「11月19日にGoose house新しいシングルを出すことが決定しました!この世界中でまだ誰も聴いたことがありません!皆さんが最初です!希望を持てるような曲となっていますので、皆さんの胸に届くと良いなと思ってます」と星が降るようなライティングの演出がなされたステージで11月19日にリリースする新曲「光るなら」を初披露した。

また、リリース内容詳細も発表され、期間&初回仕様限定盤には「光るなら」のミュージックビデオを収録したDVDが付属することもあきらかになった。TVアニメ『四月は君の嘘』は2014年10月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送スタートする。

Photo:shigeta kobayashi

■リリース情報
「光るなら」11月19日リリース
CD+DVD
SRCL-8641〜8642
期間&初回仕様限定
\1,620(税込)
光るなら
タイトル未定
光るなら-TV size-
光るなら-instrumental-

DVD「光るなら」Music video

CD only
SRCL-8640
初回仕様限定
\1,300(税込)
光るなら
タイトル未定
光るなら-instrumental-
タイトル未定-instrumental-

■放送情報『四月は君の嘘』
 2014年10月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始予定
■スタッフ
原作:新川直司(「月刊少年マガジン」連載中/講談社)
監督:イシグロキョウヘイ
シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
キャラクターデザイン・総作画監督:愛敬由紀子
プロップデザイン:髙田 晃 
美術設定:塩澤良憲
美術監督:薄井久代
色彩設計:中島和子
3Dディレクター:小野竜太(グラフィニカ)
撮影:関谷能弘(グラフィニカ)
編集:三嶋章紀(グラフィニカ)
音響監督:明田川 仁
音楽:横山 克
アニメーション制作:A-1 Pictures
(C)新川直司・講談社/「四月は君の嘘」製作委員会

◆『四月は君の嘘』公式サイト
◆Goose house公式 YouTube チャンネル
◆Goose house 公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報