【ゲリラ豪雨もぶっ飛ばせ!短期集中連載】ジェイクの「よろしくおねがいシマブクロ!!2014」 Vol.5 寿司、鍋、うなぎ…ときどきハンバーガー

ツイート

去る13日に名古屋からスタートしたジェイクの『UKE NATIONS JAPAN TOUR』、順調に進んでおります。そして、順調に食べております。

◆ジェイク・シマブクロ画像

▲リハーサル終わりの最終ミーティング時。ジョークも飛び交ってリラックスムード。
▲約2時間のショウは新旧曲を織り交ぜて。でも曲によっては毎晩アレンジが変わるので、同じ夜はふたつとないのがジェイク流。
▲大好物のひつまぶし@名古屋。今回ジェイクと素晴らしいコラボレーションを聴かせてくれるディーン・タバ(b)は、ジェイクが尊敬してやまないハワイのミュージシャン仲間。
▲東京から新潟へ向かう新幹線がトラブルで遅延。周辺のお店も一杯な時「迷惑にならないあたりの階段に座って待てばいいよ」とジェイク。本当に手がかかりません。
▲プロモーションに訪れた大阪ABCの番組は、スタッフの多くがウクレレ愛好者で、ジェイクも大喜びでサイン。
名古屋では、手際よく山盛りの手羽先をたいらげた次の日、プロモーターさんから差し入れして頂いた大好物のひつまぶしに歓喜の声をあげたジェイク。「今夜のライブはひつまぶしパワー全開だ!」と宣言した通りの、熱いライブを披露して観客を沸かせました。

先週末の連休は、横浜公演。中華街に行く時間こそなかったものの、これまた差し入れの豚まんなどをパクパクと食し、公演後の食事は、お寿司にしゃぶしゃぶ。

新潟では、おいしい白飯をはじめ、これまた大好きなのどぐろの塩焼きや、あかいかの刺身などを食すことができて幸せいっぱい。

ハワイで生まれ育ったジェイクにとって日本食は非常に身近なものです。ハワイでは「BENTO(弁当)」や「MUSUBI(むすび)」という言葉が普通に使われていますし、ジェイクのママが作るカレーライスはとても美味しかったりします。だから、滞日中はほとんどの食事が日本食です(ご飯を食べる場所を探して悩んでいる時には「ココイチでもいいよぉ!」なんて、言ってくれちゃいます)。おそばなら、おろしそばやすだちそばといった冷たいおそばが好き。あんこ入りの和菓子も喜んで食べます。

そして今回、ナッシュヴィル拠点のツアー・マネージャー、デイヴと、カメラマンのアレックスも、日本食に対しては抵抗を示すどころかなかなかのチャレンジャーで、地元では滅多に食べることがない日本食のあれこれに果敢に挑みます。デイヴは過去にホット・シェル・レイなど他のバンド/アーティストでも来日していますが、大抵の場合、食事はマクドナルドやピザがメインだったので、今回のように日本食を食べまくるツアーは初めてなんだ!とエキサイトしています。なんと、新潟では納豆を食べても平気でした! 新潟土産はもちろん日本酒です。しゃぶしゃぶや鍋も今回の旅で体験し、どれも大好き。今、憧れているのはすき焼きです。そして「なぜ、ナッシュヴィルには日本食レストランがほとんどないんだ!」と言い始めているので、海外に日本食レストランを出店したい方、いかがですか?

こんな我々ですが、現在滞在中の大阪では、たまにはいいよね、と、みんなで中華チェーン店に繰り出してみたり(ジェイクのお気に入りはチャーハンでした)、そろそろアメリカンもいっとく?と、ハワイの有名店と同じ名前の店でパンケーキを食べたり、グルメバーガーを食べに行ったり。毎年、公式サイトのブログはツアー中「食べ歩き日記」と化しておりますが、今年もネタにはことかきません。食べまくっています。

近江牛入りのコロッケ、絶品バームクーヘン、ほっぺたが落ちそうなチーズケーキやクリームコロネ……、ツアーには危険がいっぱいです(笑)。

そんなジェイク、自分で料理はするのでしょうか?「はい、します。でも、上手ではないです。作るのは好きだけど」とのこと。形から入る凝り性なので、その昔、高価な包丁一式揃えたこともありましたが、そういえばあの包丁セット、どこにいったんだろう?

そして、今回食べたくても食べられないのが、北海道のいくら丼。「明日地球がなくなるとしたら最後の晩餐に何を選びますか?」と聞いたら「イクラ丼」と答えるほどのイクラ好き。次回ツアーでは、久々に北海道のファンの方にも会いに行きたいものです。あれ? 動機が不純ですか?

ツアーはこの後、福岡、東京、仙台、東京、さらには、香港、台湾と続きます。福岡、東京は完売の会場がほとんどで、仙台公演のみ、まだチケットがあります。みなさん、会場でお会いしましょう!

日本企画盤『ロック・コレクション』
2014年6月25日発売
SICP-30609 ¥3,000(税込)
1.トーストメーカーズ・リベンジ
2.ウクレレ・ファイヴ・オー
3.ドラゴン(ライブ・バージョン)
4.ビヨンド・ザ・ブレイク
5.ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(ライブ・バージョン)
6.サード・ストリーム
7.ボヘミアン・ラプソディー(ライブ・バージョン)
8.ブリング・ユア・アッズ
9.ファイヴ・ダラーズ・アンレディット(ライブ・バージョン)
10.ゴーイング・トゥ・カリフォルニア
11.ハートビート
12.フラガール
13.オレンジ・ワールド
14.スペイン
15.イクエイター
16.モーニングバード
17.ママ、アイム・カミング・ホーム

◆ジェイクの「よろしくおねがいシマブクロ!!2014」まとめページ
◆ジェイク・シマブクロ日本公式サイト
◆Jake Shimabukuro US Official Site(English)
この記事をツイート

この記事の関連情報