松井玲奈、六角精児ら鉄道ファンが参加。東海道新幹線50周年記念トリビュート盤発売

ツイート

クラシックデュオのスギテツが、10月1日にトリビュートアルバム『走れ!夢の超特急楽団~Super Express 50th Anniversary Album~』をリリースする。

◆『走れ!夢の超特急楽団~Super Express 50th Anniversary Album~』 画像

スギテツは、ピアノと作編曲を担当する杉浦哲郎と、ヴァイオリニストの岡田鉄平によるユニット。クラシックの名曲とさまざまな音楽や環境音をマッシュアップさせ、観て楽しいコンサートをモットーに活動している。また、それぞれの趣味である鉄道をテーマとしたアルバムを定期的にリリースしたり、鉄道がテーマのラジオ番組『スギテツのGRAND NACK RAILROAD』ではパーソナリティを務めている。

今作は、東海道新幹線が2014年10月1日に開業50周年を迎えることを記念して制作されたもの。アルバムはスギテツによるリードのもと、新幹線のCMで使用された楽曲やオリジナル曲を中心に構成されており、JR東海音楽クラブの演奏や、新幹線の先頭車両の打ち出し板金を行っている職人が製作した、金属製の弦楽器による四重奏など、全20曲が収録される。

さらに、今作には公私ともに認める鉄道ファンのアーティストが集合しており、TVドラマ『相棒』でお馴染みの六角精児や、難波弘之、土屋礼央(TTRE/RAG FAIR)、SUPER BELL"Zらが名を連ねているほか、SKE48の松井玲奈も朗読にて参加を果たしている。

なお、アルバムのリリースを記念して、10月12日にJR東海「リニア・鉄道館」に展示されている0系新幹線の前で、トリビュートライブの開催が決定している。詳細はオフィシャルサイトにてご確認を。

■リリース情報
『走れ!夢の超特急楽団~Super Express 50th Anniversary Album~』
2014年10月1日発売
KICC-1148 ¥2,778+税
収録曲:
1.プロローグ「新幹線は続くよどこまでも ~1964年10月1日~」
2.MY FAVORITE THINGS (「そうだ 京都、行こう。」CM音楽)feat. JR東海音楽クラブ
3.新幹線上のアリア(東海道・こだま編)feat. 野月貴弘(SUPER BELL"Z)
4.ラジオで結ぶ東海道新幹線 episode #1
5.いい日旅立ち feat. 六角精児
6.2億4千万の瞳 feat. 田ノ岡 三郎(Accordion)
7.STRANGER IN PARADISE ~だったん人の踊り~(「うまし うるわし 奈良」CM音楽)feat.JR東海音楽クラブ
8.ラジオで結ぶ東海道新幹線 episode #2
9.世界の車窓から ~新幹線の打ち出し板金技術で作られた金属製弦楽器による四重奏~
 violin 岡田 鉄平/青木 高志 (東京フィルハーモニー交響楽団)
 viola 榎戸 崇浩(読売日本交響楽団)cello 溝口 肇
10.拝啓 新幹線さま feat. TTRE
11.ラジオで結ぶ東海道新幹線 episode #3
12.20番のD feat. オオゼキタク
13.I'll be there for you ~想い、こだまして~ feat. 構 康憲
14.MOTOR MAN ひかり 700系Mix SUPER BELL"Z
15.ラジオで結ぶ東海道新幹線 episode #4
16.256001 難波弘之
17.夢と想い出のミュージアム(「リニア・鉄道館」CM音楽)feat. JR東海音楽クラブ
18.ラジオで結ぶ東海道新幹線 episode #5 feat.松井玲奈
 ~蛍の”ひかり”号(「リニア・鉄道館」閉館音楽)
19.エピローグ「はしれ!ちょうとっきゅう!」
20.0系タイフォン(BONUS TRACK)

■ 参加アーティスト
杉浦哲郎(Piano):プランニング鉄・呑み鉄
岡田鉄平(Violin):模型鉄
六角精児(Vocal):乗り鉄・呑み鉄
田ノ岡三郎(Accordion):旅鉄
青木高志 (Violin/東京フィルハーモニー交響楽団):模型鉄
榎戸崇浩(Viola/読売日本交響楽団):撮り鉄・乗り鉄
溝口肇(Cello):乗り鉄
TTRE(土屋 礼央/Vocal):企業努力鉄
オオゼキタク(Vocal):乗り鉄
構 康憲(Vocal):模型鉄
SUPER BELL”Z 野月貴弘(車掌DJ):乗り鉄・音鉄・模型鉄
難波弘之(Piano):昭和回想鉄・旧型国電鉄
JR東海音楽クラブ(Wind Orchestra):鉄道会社社員
松井玲奈(朗読):顔鉄

◆スギテツ オフィシャルサイト
◆『走れ!夢の超特急楽団~Super Express 50th Anniversary Album~』サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報