【速報レポート】<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2014>THE COLLECTORS、ユーモア全開ロックンロールで「電気をつくろう」

ツイート

陽が高く昇り、体感温度も上昇してきた午後3時半、THE COLLECTORSがREDEMPTION STAGEに登場した。

◆THE COLLECTORS 拡大画像

“いつだって戦争は石炭や石油やウランの奪いあいでおきたんだ。でも太陽は誰にも奪えない。こんな素晴らしいフェスで歌えて幸せです”と<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2014>オフィシャルサイトにて加藤ひさし(Vo)がメッセージを送っていたことでもわかるように、このフェスの趣旨に賛同している彼らの存在は<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>に欠かせない。

まずは古市コータロー(G)、阿部耕作(Dr)とサポート・ベーシストの山森JEFF正之がステージに上がり、ブルージーなセッションを開始した。しばらくして加藤がステージに上がると「TOUGH」でライブがスタート。過剰に煽り立てるわけでもなく、サラッと始まったにも関わらず、開始直後からステージ周辺に続々と人が集まってきた。加藤が「じゃあ子供が喜ぶ曲をやるぜ!」と『おじゃる丸』のエンディングテーマ「Da! Da!! Da!!!」を歌い出すと、客席では親子でダンスするシーンに心温まる。

「そこのお子様、これが「Da! Da!! Da!!!」のおじさんだよ」と観客の爆笑を誘うなど、ユーモア溢れるMCで早くも観客のハートをキャッチするのは加藤だ。そしてライブはストレートなモータウン・サウンドでドライブする「Stay Cool Stay Hip Stay Young」から「Million Crossroads Rock」へ、シンプルに研ぎ澄まされたロックンロールが続く。

「ハムスターを飼ってるときに夜中にクルクル回るから、それで発電できないか考えた(笑)」とジョークを飛ばす加藤だが、エネルギーシフトへの思いは彼らも本気だ。その気持ちを込めた楽曲「電気を作ろう」を歌うと、中津川でこの曲を聴きたかったであろう観客たちは一緒に歌い盛り上がる。

そしてライヴは後半へ。「NICK NICK NICK」ではリフレインに合わせて腕を突き上げる観客たちを前に、コータローが身を乗り出してソリッドなギターを。加藤が「じゃあ最後の曲を」と告げると「えー!?」と残念そう。そんな観客たちの声を受けて「THE COLLECTORS、元気でやってます。近くの街にも行きますので、その時はぜひ足を運んで下さい」とのMCから最後に演奏された曲は代表曲「世界を止めて」だ。コータローのギター・ソロに合わせてタンバリンを叩きながら踊る加藤。切なくも温かいビート・ポップスの余韻が、徐々に暮れだした会場を包み込んでいた。

取材・文◎岡本貴之 写真◎柴田恵理

■THE COLLECTORS@REDEMPTION STAGE SETLIST
1.インスト(サウンドチェック)~TOUGH
2.Da! Da!! Da!!!
3.Stay Cool Stay Hip Stay Young
4.Million Crossroads Rock
5.電気を作ろう
6.NICK NICK NICK
7.世界を止めて

◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2014>オフィシャルサイト
◆佐藤タイジプロジェクト オフィシャルTwitter
◆佐藤タイジプロジェクト オフィシャルFacebook
◆WTV [WISDOM TELEVISION] オフィシャルYouTubeチャンネル
◆THE COLLECTORS オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報