稲葉浩志、木村信也とのカスタムバイク対談を公開

ツイート

稲葉浩志が、自身のオフィシャルサイト『en-zine (エンジン)』にてカスタムバイクビルダーの木村信也氏と対談を行ったことが明かとなった。

◆稲葉浩志×木村信也 対談動画

オフィシャルサイト『en-zine』には、稲葉浩志が会ってみたい人、話してみたい人にオファーし、双方に共通するテーマを談義するスペシャルなコンテンツがある。5月29日に公開された第一弾対談のお相手は福山雅治。二人の共通趣味である総合格闘技イベント“UFC”についてトークバトルを繰り広げた。第二弾の対談相手はラウドネスの二井原実。LOUDNESSの追っかけだと公言する稲葉念願のヴォーカリスト対談が実現している。

そして、第三弾の対談ゲストが、独創的なデザインで世界中のファンを魅了しているカスタムバイクビルダー木村信也氏だ。同氏は、既存のバイクをベースに独創的なデザインを施し、“走るアート”とも呼ばれる世界にたった1台のカスタムバイクを創り続けている唯一無二の存在。

1992年に「ゼロエンジニアリング」を立ち上げ、ハーレーダビッドソンをベースにしたカスタムバイクの数々が大きな注目を集め、2006年に活動の拠点をアメリカ・カリフォルニア州の小さな街アズサへ移し「チャボエンジニアリング」を立ち上げる。ルート66の一角にある工房「チャボエンジニアリング」には、カスタムバイク創作依頼のため世界中から訪れる人が後を絶たないそうだ。また、カスタムに限らず、自身もレースに参加するなどバイクをこよなく愛している。

対談の中では、これまで稲葉浩志が木村氏に依頼した3台のカスタムバイクを紹介しながら、二人の出会いやエピソードをリラックスした雰囲気で語る。あくまでも乗る人のイメージを大切に創作していくカスタムのこだわりなどの談義ほか、二人でツーリングに出かけた海外ロケならではの開放的な映像も楽しめる内容となっている。




●木村信也×稲葉浩志 Vocalist対談(PC・スマホ共通)
http://en-zine.jp/pc/fate/
©Alexander Babic
※アクセスの集中により、一時的にサイトへ繋がりにくくなる可能性がございます。恐れ入りますが、その場合は、しばらく時間をおいてから再度アクセスいただきますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます。

■5thソロアルバム『Singing Bird』
2014年5月21日発売
【初回限定盤:CD+DVD】BMCV-8044 3,500円+税 (税込:3,780円)
<特典DVD>MUSIC VIDEO4曲:「oh my love」「念書」「泣きながら」「Stay Free」収録
【通常盤:CD】BMCV-8045 2,800円+税 (税込:3,024円)
01. ジミーの朝
02. oh my love(オリンパス「OM-D E-M10」テレビCMソング)
03. Cross Creek
04. Golden Road
05. 泣きながら
06. Stay Free
07. Bicycle Girl
08. 孤独のススメ
09. 友よ
10. photograph
11. ルート53
12. 念書

◆稲葉浩志 オフィシャルサイト『en-zine』
この記事をツイート

この記事の関連情報