ジョン・レノンのグレッチ6120、100万ドルで販売

twitterツイート

ジョン・レノンのギターが、オークションで販売される。100万ドル(約1億1000万円)の値がつく見込みのようだ。

◆ジョン・レノン&うグレッチ6120画像

ザ・ビートルズが「ペイパーバック・ライター」をレコーディングした際にジョンが使用したというグレッチ6120で、ジョンの従兄弟であるデヴィッド・バーチの手に渡っていたが、今回デヴィッドがTracksAuction.comに出品したものだ。

自身でバンドを組みたかったというデヴィッドは、ザ・ビートルズがロンドンのアビー・ロード・スタジオで「ペイパーバック・ライター」をレコーディングした1年半後の1967年11月に、ジョンにそのギターを譲って欲しいと頼んだそうだ。

「俺はジョンに余っているギターをくれっていう厚かましいお願いをしたんだ」「スタジオに置いてあった青のフェンダー・ストラトキャスターを狙っていたんだけど、ジョンはこのグレッチの方がいいっていてくれたんだよ」とデヴィッドは当時を振り返る。

オークション主催者側はこのジョンのギターがここ30年間で「最も重大なアイテムの1つ」であると説明している。今回のオークションではこのギターの他にも、サイン入りの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』やビートルズの前身バンドとして知られるザ・クオリーメンのロッド・デイビスが使用していたバンジョーなど、100点以上を超えるビートルズ関連アイテムが販売されることになる。

オンラインでの入札は11月14日に開始となり、最終的なオークションは11月23日にロンドンにあるル・メリディアン・ホテルで行われる予定となっている。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報