ROGUE、四半世紀振りとなる新作アルバム登場

ツイート

2013年、地元群馬のコンサートで23年の時を越えて活動を再開したROGUEが、1990年の『SOLID BLUE』以来ほぼ四半世紀振りとなる新作アルバム『REAL AGAIN』を12月3日にリリースする。

◆ROGUE画像

解散から20年以上の時を経てメンバー全員が50歳を越えた今、彼らがいかなるコトバとメロディ、そしてバンド・サウンドを生み出すのか、非常に楽しみだ。アルバムはCDとDVDの2枚組で、CDには新作9曲に加え「終わりのない歌」「LIKE A MOON」というバンドの代表曲がアコースティック・バージョンで収録される。DVDは2014年7月5日にグリーンドーム前橋で開催された音楽イベント<GBGB2014>でのライブ映像が収録される。

ROGUEの復活には、多くのドラマと奇跡の出会いが交差している。武道館公演を行うまで大きな動員を得るバンドに成長するも彼らは1990年に解散してしまう。ボーカルの奥野敦士はその後もソロで活動、役者としての才能も開花されるものの2008年に不慮の転落事故で頸椎を損傷、首から下が麻痺してしまうという半身不随のハンデを負うこととなった。そんな中、2012年<ap bank fes '12>のBank Bandのライブにて、櫻井和寿がROGUEの「終わりのない歌」を歌い、奥野の復帰を目指す姿を紹介したことが大きな反響を呼ぶこととなった。12月には「もう一度歌いたい」という奥野敦士の思いが綴られた単行本「終わりのない歌」が刊行され、遂に2013年10月にチャリティーイベント<GBGB2013 G-Beat Gig Box>で23年振りにROGUEが復活、奇跡のステージを踏むこととなった。

2015年1月31日からは、ニュー・アルバム『REAL AGAIN』をひっさげて、復活後初となる東京でのコンサートが決定となった。会場は六本木のEXシアターだ。これまで群馬まで足を運べなかったファンにはまさに待望のコンサートとなるものだ。チケット発売は10月18日(土)より開始となる。

ROGUE(ローグ)
1985年キングレコードよりデビュー。ポニーキャニオンに移籍し、1986年6月21日シングル「LIKE A MOON」、アルバム「VOICE BEAT」をリリース。1989年には武道館でコンサートを行うも、1990年に解散。そして、長い時を経て、ヴォーカル奥野敦士の不慮の事故を乗り越え、またこれをひとつの契機として2013年のコンサートで復活を遂げる。メンバーはヴォーカル奥野敦士、ギター香川誠、ベース西山史晃、ドラムス深沢靖明。

『REAL AGAIN』
2014年12月3日発売
CD+DVD2枚組 PCCA-90038 税込4,500円
1.BLUE BLOOD
2.CRAZY LOVE
3.IT'S SHOW TIME!
4.Middle ages be ambitious!〈中年よ 大志を抱け!〉
5.Sadness Moonlight ~lunar eclipse~
6.COUNT 9
7.DISTANCE
8.Ballerina
9.夏の少年1984
10.LIKE A MOON -Acoustic version
11.終わりのない歌 -Acoustic version
※楽曲のタイトル表記は若干変更される可能性があります
DVD
ROGUE LIVE in 2014GBGB

<AGAIN ~TOKYO SPECIAL NIGHT~>
2015年1月31日(土)
@EXシアター六本木
開場 ラウンジオープン15:30~ゲートオープン16:00/開演 17:00
前売6,500円(税込・ドリンク代別)/当日7,000円(税込・ドリンク代別)
チケット発売:10月18日(土)
[問]LLP信誠会ホームページ http://www.gbgb.jp/
この記事をツイート

この記事の関連情報