バニラビーンズ、幻のWink楽曲を発掘

ツイート

1980~1990年代に時代を席巻したWinkの未発表曲が発掘され、バニラビーンズが歌う事がわかった。新たに「有頂天ガール」というタイトルが付き、11月11日にシングル・リリースされる。今の時代を元気づける応援ソングだ。

◆画像

もともとは元ブルーコメッツのメンバーで、「2億4千万の瞳」「学園天国」「ランナウェイ、め組のひと」などの作曲を手がけた作曲家、故・井上大輔が、Winkのサードアルバム『Twin Memories』(1989.12.1発売)用に書き下ろした楽曲だった。当時、スケジュールの都合等で歌詞がレコーディングまでに間に合わず、アルバムへの収録が見送られたことで幻となっていた楽曲だが、今回25年ぶりに陽の目を見る事になったというものだ。

この未発表曲を歌うきっかけとなったのは、バニラビーンズのレナのラジオ出演が発端だとか。番組内でラッツ&スター「め組のひと」を歌うことになり、それを機に作曲家・井上大輔の作品にはまったらしい。そこから1980年代当時にWinkへ書き下ろした楽曲がある事を知らされたレナは、Winkがバニラビーンズと同じ2人組アイドル・ユニットでもある点にも不思議な縁を感じ、スタッフを通じて猛アプローチ、楽曲管理出版社の許諾を受け、新たに詞とタイトルが付けられて、今回の発表に至ったというわけだ。

かくして完成した幻の曲は「有頂天ガール」というタイトルで25年目にして世に出る事となる。Winkが活躍した1980~1990年代のキラキラしたサウンドが踏襲され、あの時代を彷彿させるちょっとレトロな衣装イメージでパフォーマンスされるとか。

「井上大輔さんの楽曲を私たちのオリジナル曲として歌わせて頂けることに感謝しながら、今回の楽曲のテーマとなっている応援歌が一人でも多くの人の背中を押す楽曲になればと思います!」──レナ(バニラビーンズ)

なお、カップリング曲はベートーヴェンの「エリーゼのために」を井上大輔がオールディーズ風にアレンジし1981年に大ヒットしたザ・ヴィーナスの「キッスは目にして!」をカバーする。12月18日に東京・恵比寿LIQUIDROOMで開催されるワンマンライブでも、大きな盛り上がりを見せてくれることだろう。

「有頂天ガール」
2014年11月11日(火)発売
初回限定盤 CD+DVD:TPRC0119 ¥1,500+税
通常盤 CD TPRC0120 ¥1,000+税
1.有頂天ガール
2.キッスは目にして ぽお!
3.有頂天ガール(Instrumental)
4.キッスは目にして ぽお!(Instrumental)
DVD:「バニラビーンズ富士登山!~挑戦篇~」
今夏バニラビーンズが初めての富士登山に挑戦!アイドル界イチ動かない(=体力のない?)バニラビーンズは果たして無事に登山成功を遂げる事が出来たのか!?そこには思いもよらない?ドラマが…あったかなかったか。

<バニラビーンズCD発売記念ライブ>
2014年12月18日(木)
@東京恵比寿・LIQUIDROOM
18:00開場/19:00開演
¥4,500(税込・ドリンクチャージ別)

◆チケット詳細&購入ページ
◆バニラビーンズ・オフィシャルサイト
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報