PreSonusからMac/Windows/iPad対応のオーディオインターフェイス「AudioBox i」シリーズ登場

ツイート

エムアイセブンジャパンは、PreSonusのオーディオインターフェイス「AudioBox i」シリーズを発売した。

AudioBox iシリーズは、ハイクオリティのオーディオI/OをMac、Windows、iPad(MFi認証)に提供するオーディオインターフェイス。

ハイパフォーマンス・クラスAマイク・プリアンプを搭載、24Bit/96kHz対応、USBバスパワーでの駆動が可能。PreSonusならではのタイトに統合するソフトウェアの存在も大きな魅力。パワフルで簡単な操作性を誇るDAWソフトウェア「Studio One Artist」と、iPad用レコーディング・アプリ「Capture Duo」を用意する。Captureアプリで録音したセッションはそのまま「Studio One」へワイヤレス転送が可能なので、iPadを持ちだして録音、ミックスや編集はパソコンでじっくり行うといった使い方ができるのが魅力だ。

ラインナップは、コンパクトな2入力(マイク+インストゥルメント)/2出力の「AudioBox iOne」と、ステレオ入力(XLR/フォーンのコンボ)/MIDI入出力なども装備した「AudioBox iTwo」の2モデル。本体前面には入力端子と大きなコントロール・ノブ、ヘッドフォン端子などを配置。「iTwo」は、ライブ入力とコンピューターからのリターンをミックスしゼロレーテンシー・モニタリングを実現するMixノブも用意。「iOne」ではDirectボタンで固定の50/50低レーテンシー・モニタリングが可能だ。


▲背面にはメインUSB 2.0、iPad接続用端子、メイン出力を装備(写真左)。iTwoはMIDI入出力も備える(写真左下)。iPad用レコーディングアプリCapture Duoは24ビット/96kHz、2トラックまでレコーディングが可能(写真右)。1,000円の有料版「Capture」では32トラックをサポートする。

スペシャル・バンドル・パッケージとして、「AudioBox iTwo STUDIO」もラインナップ。こちらはレコーディングと制作に必要なすべてを1パッケージにしたものだ。オーディオインターフェイス「AudioBox iTwo」をメインに、コンデンサー・マイク「M7」、ヘッドフォン「HD7」、ケーブル、DAWソフト「Studio One Artist」、iPadアプリ「Capture Duo」、そして楽曲配信から販売までを網羅するNimbitアカウントも収録する。これから音楽制作を始めたいという人は要チェックのオールインワンパッケージだ。


◆AudioBox iOne
価格:オープン(市場予想価格 13,800円前後)
◆AudioBox iTwo
価格:オープン(市場予想価格 18,800円前後)
◆AudioBox iTwo STUDIO
価格:オープン(市場予想価格 27,800円前後)
発売日:2014年10月17日


◆AudioBox iシリーズ 製品詳細ページ
◆AudioBox iTwo STUDIO 製品詳細ページ
◆Capture for iPad 製品詳細ページ
◆エムアイセブンジャパン
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報