35年ぶりの公演を終えたケイト・ブッシュ、ファンに感謝

twitterツイート

35年ぶりにツアーを行ったケイト・ブッシュが、公演を終え、ファンへ感謝する声明を発表した。

◆ケイト・ブッシュ画像

40年近いキャリアを持つ彼女だが、それまで一度しかツアーを行ったことがなく、長期公演は1979年以来だった。<Before The Dawn at London's Eventim Apollo, Hammersmith>と名付けられた連続公演は、ロンドンのハマースミス・アポロで8月26日から10月1日までの間22公演が開かれた。

「After the Dawn

こんにちは。全ての公演が終わり、私がいまどう感じているのか説明するのはかなり難しいわ。初回のステージから一番最後のショウまで同じレベルの強さを保ったシュールなジャーニーだった。同時に、とても楽しかった」

「私の人生で類まれな経験の1つだった。全てのプロセスが愛しかった。特に、バンド、コーラス、チームをまとめ、それが発展していくの見るのは。本当に、音楽ビジネスと劇場の世界両方からの才能とアーティストの究極のコンビネーションだった。チームの誰もがこんなに素敵で、これほどまで親しくなるなんて思ってもいなかった。私たち、家族になった。だからいま、ものすごく彼らのことを恋しく思っている」

「そして、ショウがポジティブで温かく迎えられ、とても嬉しかった。でも、何よりも本当に思いがけなかったのはオーディエンスだった。夢でしか得られないようなオーディエンスだった。またライブでパフォーマンスしたいと思った理由の1つは、そういうオーディエンスと接したかったからよ。彼らには驚かされた。どの公演でも、私たちを支援してくれた。ステージに登場した瞬間に彼らのサポートを感じることができた。これほどまでにパワフルで親密なレベルでオーディエンスと繋がり、こんな、率直に言うと、愛を感じることができるなんて、考えてもみなかったわ。どの公演でもそうだった」

「ショウに来て、この体験を分かち合う一部となってくれたみんな、本当にありがとう。私たち全員、まさに特別で素晴らしい感情を抱きました」

22公演のチケット約78,000枚は15分もせずに完売。悔しい思いをしたファンは多いが、この後、ライブDVDが発売されるといわれている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報