【連載】青SHUNコラム第29回 『渋谷O-EASTでハロウィンプロジェクト開催!むすめん。/てぃ☆イン/※ChocoLate Bomb!!/青SHUN学園』

twitterツイート

福岡発ロック系アイドルユニット、青SHUN学園 学園長(プロデューサー)SHUNです!
今年のハロウィンもいよいよ終盤の10/30(木)、平日にも関わらずO-EASTにて一風変わったイベントが開催されました。

出演は、むすめん。/てぃ☆イン/✽ChocoLate Bomb!!/青SHUN学園 の多種多様な4組!主催としてバックアップするのは、イープラス(eplus.jp)。
イープラスとは、インターネットショップでのチケット売上NO.1
会員500万人の総合エンタメショップです!


当日は、平日にも関わらずオープン前から人の列が出来ていました。
ファンの皆さんは、ハロウィンプロジェクトという事で、思い思いの仮装コスプレで和気あいあいとしており、始まる前から異様な盛り上がりを見せていました。

青SHUN学園としては、今までアイドルイベントに出演していたので、今回のハロウィンプロジェクトイベントは今までの中で最もと言っていいほど異種な出演キャスト陣でした。
それもそのはず!
青SHUN学園以外の出演者さんは、ネット界では絶大な人気を誇る猛者ぞろいなのです。
出演者は青SHUN学園以外、すべての皆さんが男性アイドルという構図。
ということは・・・今回ほぼ満員のO-EASTを埋めるお客さんは9割が女性なのでした!

それでは出演されたユニットさんを紹介していきたいと思います。

◆むすめん。(morning musumen。)とはニコニコ動画の踊ってみたカテゴリにて
活動する男性踊り手10人からなる自称・男性ネットアイドルグループである。

現在自主出版であるがCDを3枚出しており、4月にはアルバムを発売予定。
2013年10月から2014年1月まで初の全国ツアーを行い、
1月には踊ってみたの踊り手グループとしては最大規模となる
800人キャパの会場を即完させた、今ノリに乗っているグループである。

現在の目標はハロプロの聖地と言われている「中野サンプラザ」にて公演をする事である。

◆✽ChocoLate Bomb!!(通称ちょこぼ)とは、"アイドルグループが組みたい"という思いから、それまでニコニコ動画等で活動をしていたリーダーの「え~すけ」が、同じくニコニコ動画等で活動をしていた「ぱんめん」、ももいろクローバーZのコピーユニットとして活動していた「いりぽん」、「たっくん」、「ゆじまる」を誘い、結成された5人組グループ。

2014年2月25日に初めて動画を投稿して以来、振りコピ動画やメンバーが振付をしたオリジナル振付動画などを続々と投稿。
また、メンバーのゆじまる、たっくんはモデル経験があり、ぱんめんはDJとしてイベントにも出演しており、ダンス以外でのステージでも活躍している。

今後も続々とイベント出演も決まり、グループの成長と共に注目が集められている。
夢にアイドルグループとしてメジャーデビューやさいたまスーパーアリーナでのライブという大きすぎる目標を掲げ活動中。

◆てぃ☆イン!とは、二人の名前に「らき☆すた」の『☆』と「けいおん!」の『!』を足したものである。ニコニコ動画の「踊ってみた」カテゴリーに動画を投稿している二人組ユニットとして、ネットや生ライブを中心に活動。ただし、そこだけにとどまらず振り付け師ユニットとしても活動をしている。「ニコニコ超会議 ニコニコ超パーティー」や、「チームしゃちほこサマーフェスティバル~スクランブる!? 野音ライブSP~略して“しゃちサマ♪”」にも出演、メディアにも多数取り上げられており、ただ今注目のユニット。

《振り付け》
チームしゃちほこ「サマラバ」
ボカロジェンヌ「十面相」「ドレミファロンド」

◆青SHUN学園とは、フジテレビ「笑っていいとも」の後番組「バイキング」でテーマソングを歌っており、学園長でありプロデューサーのSHUNが作詞・作曲・歌を担当!
8月19日Stand-Up! Recordsから「ツインテール~I LOVE YOUをありがとう~」でメジャデビュー!カウントダウンTVでは10位を獲得、広く認知されることになる。
福岡発のロック系アイドルユニットで、6才から18才までのアイドル、 女子部!オカマのキワドル、カマ部!学園長でプロデューサーSHUNの三位一体で織り成す極上エンターテイメント集団。

2013年5月5日にはZepp Diver City TOKYOでワンマンライブ、891人を動員。
2014年1月25日、4月6日には二度に渡って、ローカルアイドル初となる日本青年館ワンマンライブを開催、1月25日は1,000人以上を動員し大成功を収め、ニコニコ超会議、SUMMER SONIC 2014にも出演、さらにゲームソフト「この大空に、翼をひろげて CRUISE SIGN」とのタイアップも担当している。
2014年の9月には、初の海外遠征で台湾にて行われた「Tokyo Crazy Kawaii in Taipei」に出演、11月にも二度目の海外で、同じく台湾でイベント出演決定している今話題のアイドルグループ!

・・・みてください、この多種多様感(笑)
前置きが長くなりましたが、簡単なライブレポをしていきますね。

開演後、むすめん。さんのオープニングダンスから始まり、メインステージがスタート!
今回のイベント編成、実は一風変わっていまして、イベント自体は1部制なのですが、出演者それぞれ15分間の持ち時間が2回回ってくるという流れでした。

最初は✽ChocoLate Bomb!!さんからスタートし、POPなダンスが特徴的、いきなり会場全体のボルテージを上げていきます。
その後、青SHUN学園でした。最初はあまりの文化の違いにヒヨっていました(笑)が、いつも定石ではない環境に逆に感謝で、初めて見ていただけるお客さんにどんな化学反応が起こるのか試してみたくなりました!
いつも通りの自分たちを全力で表現して、ぶつける。小手先ではなく、本物か偽物か分かってもらって、その後に「好きか嫌いか」なのかな、と。
そんな思いを奮い立たせ出たステージ。
まず驚いたのが、初めて見たにも関わらずの、オーディエンスの皆さんのウェルカム感!
不安が吹き飛び、どこまで出来るか、行けるとこまで行けるのかの勝負に思えました。
最初はノリ方がわからなかったオーディエンスの皆さんも、徐々に盛り上がっていき、最終的に胴上げまで行きました。
SHUNはリフトをされている際、メンバーさん(お客さんの意)の顔をじっくり見ています。この時、皆さんがとても楽しそうで、叫んでて、笑顔でいてくれている事が胸に刺さり、ちょっと泣きそうになったほどでした!

そんな中、イベントは進んでいきます。
てぃ☆イン!さんの出番で、振り付けのお仕事もされているという事でさすがのキレキレダンス、そして面白い残る振り付けが印象的でした!

そして今回の主役!?むすめん。さんが登場。
会場のボルテージも今まで以上に上がり、黄色い声援が飛びます。
今回人数が5名でしたが、とてもダンスが揃っており、流石プロフェッショナルの集まりだな、と感銘を受けました!
寸劇のような振り付けもあったり、見るものを飽きさせない様々な工夫が見て取れ、人気の証拠を垣間見た気がします。

その後、衣装チェンジがあるユニットさんも多く、青SHUN学園はハロウィンということでメイクまで本格的に!ゾンビに変身(笑)
出番は多少変わり、✽ChocoLate Bomb!!⇒てぃ☆イン!⇒むすめん。⇒青SHUN学園と、2回し目が進んで行きまして、大変な盛り上がりになってきました!

イベント終盤は、サプライズ!?むすめん。さんの女装もありの寸劇が始まり、「あんたら!やっちまいな!」の掛け声とともに、ハロウィンコンセプトの代表曲といっても過言ではないのでしょうか?「スリラー」を出演者全員で披露、からの「ファッションモンスター」で楽しくイベントが締まり、会場大歓声の中終了。
鳴り止まないアンコールを背に、出演ユニットの皆さん全員が汗だくでやりきった感の中、笑顔で全演目が終了になりました。

青SHUN学園としても、この異文化な中に、でも最高に暖かい気愛の入った出演者の皆さん、オーディエンスの皆さんに誘い入れて、受け入れて頂いた事が大変嬉しかったですし、貴重な経験になりました。皆さんの笑顔、忘れませんし、せっかくのイープラスさん(出れんの!?サマソニ!?)から繋がった縁なので、また近いうちにご一緒できる日が来る事を期待して止みません!

今回の「ハロウィンプロジェクト」にお関わりのみなさん全てに感謝です。
ありがとうございました☆★

◆【連載】青SHUN学園 SHUNの「青SHUNコラム」
◆ノーメイク・オフィシャルサイト
◆青SHUN学園オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報