黒夢、サポートドラマーにYOUTH-K!!!(BATCAVE)&Katsuma(coldrain)

ツイート

デビュー20周年を迎え、事実上最後のロングツアーを公言し、7月から全国50本以上にも及ぶ公演を敢行中の黒夢が、10月30日に清春の46歳の誕生日に新木場COASTでVol.1『夢は鞭』ファイナル公演を終えた。

◆黒夢画像

11月には15日(土)名古屋ダイヤモンドホール、19日(木)Zepp Diver Cityのみで行われる<The second coming 1996 BOYS ONLY>の2公演を挟み、12月4日(木)福島県・郡山HIP SHOT JAPANからは、後半戦となる<Vol.2『毒と華』>がスタートとなる。

このツアードラマーを、YOUTH-K!!!(BATCAVE、THE冠)が担当すること発表された。加えて黒夢サイドは、12月4日福島、12月5日盛岡の2公演のみKatsuma(coldrain)がサポートを務めることを明らかにした。



これまでもYOUTH-K!!!は黒夢の<地獄の三夜>大阪三公演のサポートを務め、Katsumaにおいては2013年9月6日「クロの日」にZepp Diver Cityで開催した<DIVE INTO THE KINGDOM>、2014年6月には氣志團との対バンイベント<極東ロックンロール・ハイスクール第弐章!!>でもステージを共にしている。公言している通り、このツアーは黒夢にとってのラストロングツアーとなり、Vol.1「夢は鞭」で訪れた各地のほとんどが、黒夢として訪れる最後となるステージとしての扱いで幕を閉じている。

これからVol.2で訪れるいくつかの土地も同様であり、現段階で2月9日(月)のZepp Nagoya以降のスケジュールは何もアナウンスされていない。もちろん断じて見逃してはならないツアー後半戦であることは間違いない。この強力なドラマー達のサポートによる化学反応は、一期一会のエネルギーから発せられるもの…期待は高まるばかりだ。

ツアーVol.1は黒夢のベスト的なセットリストで彩られてきたが、Vol.2では更にセットリストは変化していくという。復活劇から五年が経過し、区切りとも呼べる彼らの動向だが、まだまだアグレッシブな変容する姿勢は驚異的だ。

<黒夢 TOUR 2014 BEFORE THE NEXT SLEEP VOL.2 『毒と華』>

2014年12月4日(木)郡山Hip Shot Japan
2014年12月5日(金)盛岡Club Change WAVE
2014年12月12日(金)京都FANJ
2014年12月13日(土)京都FANJ
2014年12月14日(日)滋賀U☆STONE
2014年12月20日(土)富山MAIRO
2014年12月21日(日)長野CLUB JUNK BOX
2014年12月23日(火・祝)横浜Bay Hall
2014年12月24日(水)横浜Bay Hall
2014年12月30日(火)なんばHatch
2014年12月31日(水)Zepp Nagoya
2015年1月6日(火)新宿LOFT
2015年1月7日(水)新宿LOFT
2015年1月10日(土)柏PALOOZA
2015年1月11日(日)柏PALOOZA
2015年1月16日(金)札幌PENNY LANE24
2015年1月17日(土)札幌PENNY LANE24
2015年1月21日(水)水戸LIGHT HOUSE
2015年1月22日(木)水戸LIGHT HOUSE
2015年1月28日(水)大阪BIG CAT ※FC ONLY
2015年1月29日(木)名古屋BOTTOM LINE ※FC ONLY
2015年1月30日(金)川崎CLUB CITTA'
2015年2月3日(火)新木場STUDIO COAST
2015年2月5日(木)なんばHatch
2015年2月7日(土)岐阜club G
2015年2月8日(日)岐阜club G
2015年2月9日(月)Zepp Nagoya
スタンディング¥7,300(整理番号付、ドリンク代別途必要)
プレイガイド先行受付:11/14(金)11:00~11/17(月)23:59まで
http://pia.jp/t/kuroyume/
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス