大阪城に巨大ドーム型テント、<THE GROOVING GEAR OSAKA 2014>開幕

ツイート

国内最大規模のジャズ・フェスティバル<THE GROOVING GEAR OSAKA 2014>が、札幌シティジャズの道外公演として11月7日(金)に大阪で開幕した。会場となったのは大阪城・西の丸庭園内に特設された西の丸ドームだ。

◆<THE GROOVING GEAR OSAKA 2014>画像

西の丸ドームは、1000人収容出来る直径36メートルの巨大ドーム型テントで、天井には映像を映し出せ、場内では北海道ならではのドリンク&フーズも用意され、聴覚×視覚×味覚が融合したエンターテインメント空間が出来上がっていた。11月7日(金)初日にはindigo jam unit、2日目の土曜にはザ・トラベラーズ with 藤井尚之、9日(日)にはMITCHが出演し、<THE GROOVING GEAR OSAKA 2014>が幕を開けた。


初日となる7日(金)に出演したのは笹井克彦(WB)、樽栄嘉哉(Pf)、和佐野功(Dr & Per)、清水勇博(Dr)の4人で編成される地元、大阪発のindigo jam unitだ。オープニングから立て続けに3曲、息をもつかせぬ演奏で、広い会場をインディゴのグルーブで包み込む。ベースの笹井は「大きいテントは気持ちいい。音が色んなところから響くけど、この特殊な状況を一緒に楽しみましょう!」と西の丸ドーム独特の音響を楽しむコメントをした後に演奏されたのは「Raindance」。2014年に10周年を迎えた彼らが12月にリリース予定の10枚目のアルバムに収められた新曲を披露する。

7曲目の「Nostalgia」では、全天周スクリーンにプロジェクション・マッピングが映し出され音楽とのコラボレーションが始まる。会場は一転、幻想的な空間となりパフォーマーとオーディエンスとの一体感が増す映像と音楽の融和が試みられる。

ラストの「Sphinx」では、ドラムの清水が「CDと全く違うアレンジで、その場で作り上げて行く」と宣言した通り、ピアノ、ベースにツイン・ドラムが渾然一体となって激しく作り上げていくサウンドは予想もつかぬインプロビゼーションの応酬で、圧巻のパフォーマンスを展開。これこそが彼らの真骨頂だ。終演後に客が発した「ええわ~!帰りたく無いわ」の一言に尽きる、いつまでも聴き続けたい素晴らしい演奏で初日を締めた。


2日目の8日(土)は久留米のジャンプ&ジャイヴ・カルテット、ザ・トラベラーズが同郷の盟友、藤井尚之を伴って出演となった。藤井の2011年に発表したアルバム『RUBBER TOWN』でトラベラーズと共演したのを機に、両者のコラボレーションがスタート。2013年にはトラベラーズのアルバム『El Camino』に藤井が参加し、これまで数々のライブで共演を果たして来た。

ライブはゆったりとした曲調のインスト・ナンバー「220V」でスタートし、徐々に会場を暖めていく。藤井のサックスで始まる3曲目の「Early Early」になると早くも場内はヒートアップ。藤井参加のアルバム『El Camino』収録曲を中心にスタンダード・ナンバー等を次々に演奏していく。どこか懐かしくもあるアーリー・ジャズ調の楽曲もあれば、オールディーズ・スタイルのロックンロールや、石原裕次郎の頃の昭和歌謡風ナンバーもありと、妖しげで艶やかな彼らの作り出す世界は、会場がノスタルジックなキャバレー・ホールになったのではと錯覚する程だ。

藤井の加入によりツイン・テナーサックスとなったバンドは、よりパワフルになり絶妙なアンサンブルをも見せる。特に本編最後に演奏した「Mellow Saxophone」では、武田真治のサックスが全体の雰囲気を彩り、藤井がエモーショナルなメロディを響かせるという、この日のハイライトとなる二人のコンビネーションを見せつけた。

ラストの「Black Cloud」はトラベラーズの人気レパートリーで、藤井が自身のアルバム『RUBBER TOWN(2011)』でカバーした曲だ。石原顕三郎と藤井尚之のツイン・ボーカルで会場を沸かせ、両者のコラボレーションを象徴するナンバーで80分のライブが締めくくられた。


3日目となる9日(日)にはトランペット&ボーカルのMITCHが登場した。ドラムソロで始まり、続いてベース、ピアノ、ギターと登壇しセッションを奏でる。最後にMITCHがトランペットを携え舞台に現れるや、地元・関西出身だけあって会場から大きな声援が飛ぶ。

このイベントに出演が決まったのは2週間前だったという。本家・札幌を含め、シティジャズが名古屋、東京などで公演を行うたびに出演してるだけに「いつお呼びがかかるのかと思ってました。慌ててスーツを新調したのでサイズがあってません」と場内を笑いの渦に包む。

5曲目の「On The Street Where You Live(君住む街角)」では、ジャズ・シンガーのnoonがゲストで登場となり、彼女のレパートリーでもある「Close To You(遙かなる影)」でもボーカルで参加、ゆったりと伸びやかな透明感のある歌に、甘いトランペットが絡みオーディエンスを酔わせる。

誰もが知っているスタンダード・ナンバーから、ゴスペルやブルースに、セカンド・ラインと呼ばれるニューオーリンズ独特のサウンドをパワフルにエネルギッシュに演奏していく。とにかくお客さんに楽しんでもらいたい!というMITCHのエンターティナーとしての心遣いが詰まったステージだ。そのホスピタリティは会場にも伝播していき、本編終了後も拍手が鳴り止まず、予定時間を大幅にオーバーすることとなった。ラストはお馴染みの「聖者の行進」。後半にはMITCHも客席に降りてパフォーマンスしながら会場を"行進"すると、観客も大喜び。ここはニューオーリンズのマルディグラ会場か?と見まがうくらいの盛り上がりとなり、大盛況のうちに公演は終了となった。

初日はグルーヴ&インプロヴァイゼーション、2日目はジャンプ&ジャイヴ、3日目はニューオーリンズと"JAZZ"は実に幅広く奥が深い。後半には、ミッツ・マングローブがメンバーの星屑スキャットや、コーネリアスの参加も発表されているsalyu×salyuにbird、ジルデコ、May J.と魅力溢れるラインアップの出演を控えている。予算に余裕があれば毎日通いたいぐらいだ。札幌シティジャズ大阪版<THE GROOVING GEAR OSAKA 2014>は、11月16日まで開催されている。




<11月7日(金)indigo jam unit>
1.Zeus
2 Rio
3.Cross
4.Raindance
5.Silverflame
6.DANZA ETERNA
7.Nostalgia
8.Phoenix
9.Sepia
10.REBEL
11.2x2
12.4 CAMINOS
[Encore] 13.Horizon
14.Sphinx
※PHOTO:misa nishito

<11月8日(土)The TRAVELLERS with Naoyuki Fujii>
1.220V
2.Sausage Rock
3.Early Early
4.Going Back To New Orlreans
5.Sepia Color
6.Airport Express
7.Sweet Sue, Just You
8.Serezo Rosa
9.Do You Have a Room?
10.Neo Cat
11.Bunkagai Blues
12.Mojito
13.Mellow Saxphone
[Encore]14.切れた首飾り
15.Black Cloud
※PHOTO:TOKKUN

<11月9日(日)MITCH>
[1st Set]
1.MITCH's Second Line
2.You Can Depend On Me
3.Stardust
4.When You're Smiling
5.On The Street Where You Live(君住む街角)
6.Close To You(遙かなる影)
7.Lil Brats Bounce
[2nd Set]
8.I'm Coming Out
9.Just a Closer Walk With Thee
10.Down by the Riverside
11.St.James
12.At Last
13.Halleluja
[Encore]14.What A Wonderful World(この素晴らしき世界)
15.Do Watcha Wanna
16.When The Saints Go Marching In(聖者の行進)
※PHOTO:TOKKUN

<THE GROOVING GEAR OSAKA 2014 /SAPPORO CITY JAZZ 大阪公演>
@大坂の陣400年天下一祭 特設会場 西の丸ドーム(大阪城・西の丸庭園内)
11月10日(月)星屑スキャット /開場:18:00・開演19:30/チケット価格:¥6480(税込)
11月11日(火)bird /開場:18:00・開演19:30/チケット価格:¥6480(税込)
11月12日(水)salyu×salyu /開場:18:00・開演19:30/チケット価格:¥7020(税込)
11月13日(木)サラ・オレイン /開場:18:00・開演19:30/チケット価格:¥6480(税込)
11月14日(金)Jill-Decoy association /開場:18:00・開演19:30/チケット価格:¥6480(税込)
11月15日(土)Nao Yoshioka & Shirma Rouse /開場:17:00・開演18:30/チケット価格:¥6480(税込)
11月16日(日)May J./(2回公演)開場13:00・開演14:30/開場17:30・開演19:00/チケット価格:¥7020(税込)


◆<THE GROOVING GEAR OSAKA 2014>オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報