AI、陽水、林檎、浜崎あゆみ…が宇多田ヒカルをカバー

twitterツイート

宇多田ヒカルの15周年を記念するアルバム第二弾としてリリースとなる“ソングカバー・アルバム”『宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-』の、参加アーティストが発表された。

◆『宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-』画像

この作品は、自らがソングライターとして第一線で活躍されているアーティストに限定し、自由に宇多田ヒカルの楽曲を表現してもらおうというコンセプトが掲げられた作品で、果たして誰が参加するのか、注目されていたものだ。その個性あふれる13組の参加アーティストは以下のとおり。

・AI
・井上陽水
・大橋トリオ
・岡村靖幸
・加藤ミリヤ
・KIRINJI
・椎名林檎
・Jimmy Jam & Terry Lewis feat. Peabo Bryson
・tofubeats with BONNIE PINK
・ハナレグミ
・浜崎あゆみ
・吉井和哉
・LOVE PSYCHEDELICO

アルバムの企画者でもあるユニバーサルミュージック VirginRecordsの制作A&R 沖田英宣は下記のようにコメントしている。

「その人にしか作ることのできない音楽を創造し続けている方々に参加していただきました。その音楽家が放つオリジナルなスタイルがなければ、まるで二重露光の写真のように宇多田ヒカルのうたと重なりあうことはないと思っていたからです。光栄にも13組の素晴らしい音楽家に参加していただくことが叶いました。このアルバムは音楽家たちの自由な創造力が満ち溢れながら、その創造力を触発する宇多田ヒカルのうたに秘められた「何か」が重なりあった瞬間の記録です。音楽とは新たな視点に気付かせ、それを誰かに伝えたくなるという力を持っています。これは宇多田ヒカルの“トリビュートアルバム”ではなく、「宇多田ヒカルのうた」をシェアするアルバムです。参加していただいたすべての音楽家の作品から、音楽を創造することは限りある人生を捧げるに値するということを、そして宇多田ヒカルという作家から、音楽を聴くことは限りある人生を美しく彩るもっとも簡単な方法のひとつであるということを、あらためて感じていただけたならこれ以上の喜びはありません」

どのアーティストがどの楽曲をカバーするのか、詳細は追って発表される見込みだ。


15周年記念第二弾“ソングカバー・アルバム”『宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-』

2014年12月9日(火)発売予定
TYCT-60055 3,000円(税抜)
※ソングカバー・アルバム予約特典:全国先行試聴会開催
12月9日(火)発売の「宇多田ヒカルのうた」を事前予約購入頂いたお客様の中から抽選でソングカバー・アルバム先行試聴会にご招待させて頂きます。宇多田ヒカルスタッフによるトークショーも予定。参加者にはオリジナルステッカーもプレゼント
開催予定日程・エリア
11月27日(木) 19:00~ 名古屋 
11月28日(金) 19:00~ 大阪  
11月30日(日) 14:00~ 東京 
12月1日(月) 19:00~ 福岡
12月3日(水) 19:00~ 札幌
12月5日(金) 21:30~ 東京
※開催日時は変更になる場合がございます。
※会場に関しては当選案内の発送をもってお知らせさせていただきます。
※会場までの交通費は各自ご負担願います。

◆「宇多田ヒカルのうた」特設サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報